[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ドラフト】画期的指名 高卒1年目で西武3位、18歳・伊藤翔がプロ注目にして独立Lに進んだ理由

2017年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、支配下、育成を合わせ、計114人が指名を受けた。早実・清宮幸太郎内野手が7球団競合の末に日本ハムが交渉権を獲得し、大きな注目を浴びた一方、躍進を遂げたのが独立リーグ勢だ。石川ミリオンスターズから3選手が支配下指名されたが、最上位指名されたのは西武3位指名の徳島インディゴソックス・伊藤翔投手だ。

独立L最上位、「元プロ注目高校生」が選んだ大学でも社会人でもない「毎年勝負」の価値

 2017年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、支配下、育成を合わせ、計114人が指名を受けた。早実・清宮幸太郎内野手が7球団競合の末に日本ハムが交渉権を獲得し、大きな注目を浴びた一方、躍進を遂げたのが独立リーグ勢だ。石川ミリオンスターズから3選手が支配下指名されたが、最上位指名されたのは西武3位指名の徳島インディゴソックス・伊藤翔投手だ。

 ある意味、画期的と言っていいかもしれない。全国的には無名だが、伊藤の年齢は18歳、高卒1年目である。横芝敬愛高からプロの注目を浴びていたが、大学、社会人ではなく、独立リーグを選択した。入団当初から「今年、NPBに最も近い男」とリーグ関係者に評判だったが、最速147キロだった球速は1年間で152キロまで上がり、一気に飛躍。たった1年でNPB入りの切符を掴んだ。

 気になるのは、なぜ「元プロ注目高校生」の逸材が高卒で独立リーグを選んだか、である。

 一般的なルートは名門大学で4年後、あるいは社会人で3年後の指名解禁へ向け、実力を磨くという道だ。強豪校から誘いがあった伊藤自身も「最初は大学に行こうと思っていた」という。しかし、「独立リーグ経由NPB入り」を目指す決断の理由について、興味深い話を語っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集