[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ドラフト】画期的指名 高卒1年目で西武3位、18歳・伊藤翔がプロ注目にして独立Lに進んだ理由

“夢の再挑戦の場”のイメージを変えた伊藤の決断「NPBでやってやるぞという気持ち」

 これまで独立リーグといえば、大学、社会人を終えてもNPB入りを諦めきれずに進むなど、“夢に再挑戦する場”のイメージが大きかった。伊藤のように、高校時代からスカウトの注目を集めながら独立リーグで成長し、NPB入りを掴んだのは異例。今後の有望高校生の進路選択に影響を及ぼす可能性もあるだろう。

「今はホッとした気持ちとNPBでやってやるぞという気持ちが強いです。1日でも早く1軍でプレーできるように精一杯頑張りたいと思います」

 球団を通じて、こう決意のコメントを述べた伊藤。かつてない道を歩んできた18歳は、NPBの世界でどんな飛躍を遂げるのか。活躍に注目したい。

◇伊藤翔(いとう・しょう)

1999年2月10日、千葉県生まれ。18歳。小1から投手で野球を始め、中学時代に千葉県内のシニアで楽天・藤平に投げ勝ったことも。横芝敬愛高3年夏は3回戦で千葉明徳に逆転サヨナラ負け。翌年、徳島インディゴソックス入団。今季は16試合で8勝4敗、防御率2.18。175センチ、70キロ、右投右打。最速152キロ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集