[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ドラフト】画期的指名 高卒1年目で西武3位、18歳・伊藤翔がプロ注目にして独立Lに進んだ理由

一発勝負の大学より毎年勝負の独立リーグが持つ“近道”「自分が一番旬な時に入れる」

「4年間で一発勝負の大学より、毎年勝負をかけられるところに魅力を感じました。大学に行っても、ピークが2年生、3年生で迎えてしまう時もある。自分が一番、旬なタイミングで入れるチャンスがあることがいいなと思って、NPBに行くには大学や社会人よりも近道だと感じました」

 大学ではプロに挑戦できるのは最短で4年後。伊藤の言うように、NPBのスカウトも注目する逸材として進学しても伸び悩んだり、2、3年生にバリバリ活躍しても4年生になって下降線を辿ったりといこともある。しかし、独立リーグならば指名のチャンスは1年ごとにあり、「毎年勝負」をかけることができる。

「独立リーグはNPBのスカウトの方が球場に足を運んで、アピールする場を与えてくれるというのが一番のメリットだと思います」

 実際、伊藤は1年目から16試合に登板し、8勝4敗、防御率2.18をマーク。独立リーグ日本一にも導いた。大所帯の大学より、少数精鋭の独立リーグで1年目から真剣勝負の公式戦を数多く踏めることはメリットの一つ。こうして「今年中に150キロを出したい」と描いたプラン通りに152キロ右腕に成長し、3位という上位で指名を勝ち取った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集