[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大発見? フェデラーの名前に隠れた“秘密”が海外バズ状態「史上最高のジョークだ」

テニス界の生けるレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス)は世界で最も知られたアスリートの一人に数えられるが、その名前を巡る“発見”が海外のツイッター上でバズ状態に。発端となった1本のツイートは7万件を超えるリツイート、50万件を超える「いいね」がつき、海外メディアも「正直、これまで考えもしなかったこと」と反応している。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

海外で1本のツイートが話題「フェデラーの名前の50%は…」に「偉大な発見だ」

 テニス界の生けるレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス)は世界で最も知られたアスリートの一人に数えられるが、その名前を巡る“発見”が海外のツイッター上でバズ状態に。発端となった1本のツイートは7万件を超えるリツイート、50万件を超える「いいね」がつき、海外メディアも「正直、これまで考えもしなかったこと」と反応している。

【特集】「ラグビー文化を根付かせたい」 日本代表の若きキーマンが語る憧れの舞台/ ラグビー・姫野和樹インタビュー(GROWINGへ)

 発端は25日にドイツやスイスで企業の管理職を務めるガレス・べインズさんが投稿した1本のツイートだった。フォロワー6000人を数える男性は短く、こう記した。

「50% of Roger Federer’s name is “er”」

 すなわち「ロジャー・フェデラーの名前の50%は『er』である」ということ。確かに「Roger Federer」の12文字を見てみると「er」が3つあり、半分の6文字を占める。当たり前といえば、当たり前の内容だが、このツイートが“発見”としてバズ状態に。海外のユーザーがネット特有の祭りを起こし、コメント欄は大反響だ。

「今みんな計算してるでしょ…」
「Hahahahahaa 100点満点」
「これがツイッターの存在意義」
「全く気付かなかった!」
「33.3%が『E』だね」
「史上最高のジョークなのでは?」
「偉大な発見だ」
「オーマイゴッド。これを知ってしまったらどうすればいいんだ」
「彼のこと、Ro Fedと呼ぼうか?」

 なかには「62.5% of Djokovic is Covid(ジョコビッチの62.5%は『Covid』)」と強烈に皮肉めいた“発見”も。投稿から2日でリツイートは7万件、「いいね」は50万件を超え、驚異のバズ状態となり、複数の海外メディアも反応している。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は公式インスタグラムに「正直、これまで考えもしなかったこと」とつづって紹介するなど、秀逸なツイートは大きな注目を浴びることになった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集