[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米有望株がデビュー18連勝 初メインで強烈カウンター炸裂、リング誌「輝きを放った」

米国では新型コロナウイルスによる中断からボクシング興行が再開となり、18日(日本時間19日)には期待の20歳ガブリエル・フローレスJr.(米国)が米ラスベガスでデビュー18連勝を飾った。ライト級10回戦でジョセック・ルイス(ホンジュラス)に3-0の判定勝ち。興行を主催するトップランク社は、公式インスタグラムに左フックで奪ったダウンシーンの動画を公開し、最も権威のある米専門誌「ザ・リング」は「初のメインで輝き放った」と注目している。

米国期待の20歳、ガブリエル・フローレスJr.【写真:Getty Images】
米国期待の20歳、ガブリエル・フローレスJr.【写真:Getty Images】

トップランク社の20歳フローレスJr.が18連勝、鮮やかなカウンターでダウン奪取

 米国では新型コロナウイルスによる中断からボクシング興行が再開となり、18日(日本時間19日)には期待の20歳ガブリエル・フローレスJr.(米国)が米ラスベガスでデビュー18連勝を飾った。ライト級10回戦でジョセック・ルイス(ホンジュラス)に3-0の判定勝ち。興行を主催するトップランク社は、公式インスタグラムに左フックで奪ったダウンシーンの動画を公開し、最も権威のある米専門誌「ザ・リング」は「初のメインで輝き放った」と注目している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 タイミングを見逃さなかった。2回、フローレスは徐々に距離を詰めてくる相手にやや後退。しかし、相手が左ジャブを放った瞬間だ。カウンターで左フックを合わせると、ぐらついた敵に右、左、右と追撃のパンチを浴びせた。ルイスは膝をつく。20歳のホープは鮮やかにダウンを奪ってみせた。

 終始優位に進めて3-0の判定勝ち。5月1日に20歳となった新星について、リング誌は「ガブリエル・フローレスJr.、全国放送の初のメインイベントで輝きを放つ」と記事を掲載。「自身初のメインイベントで、フローレスJr.は輝きを放った。初の10ラウンドの試合で、ベテランボクサーのジョセック・ルイスを判定勝ちで退けた」とつづっている。

 高校時代にトップランク社と契約した有望株。記事では「試合結果に誰もが満足感を示していたようだが、フローレスJr.は違った」と説明し、試合後のコメントを紹介している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集