[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「I」で選出 米メディアが“イニシャル別最強ボクサー”26人を発表

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦へ向けて調整中。そんな中、米メディア「ボクシングシーン.com」は「各アルファベット別で史上最高の選手を決定した」と、新しい評価軸でボクサー26人を選出。「I」で井上の名前も挙げている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

Aにアリ、Mにメイウェザーが選ばれた独特の評価軸は…

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦へ向けて調整中。そんな中、米メディア「ボクシングシーン.com」は「各アルファベット別で史上最高の選手を決定した」と、新しい評価軸でボクサー26人を選出。「I」で井上の名前も挙げている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは「ボクシング界最高のABC、アリからサラテまで」と見出しを打って記事を掲載。「階級ごとのランキング、パウンド・フォー・パウンドのランキング、ある時代ごとのランキングが存在する。全てに価値があるが、隔離生活も終盤になっているので、新しい評価軸を加えてみよう。アルファベットだ」などとつづり、イニシャル別に史上最高のファイター計26人を選んでいる。

「本人にとって最終的に最も世の中に知れ渡った苗字を使う」とされた中、井上は「I:ナオヤ・イノウエ」と選出されている。通算19勝(16KO)無敗と圧倒的な強さを誇っているモンスターについて、記事ではこう評している。

「彼はキャリアの中で20試合も戦っていないが、もしあなたがこのスポーツのコアなファンならば、『モンスター』より興奮させてくれるファイターはいないことが分かるだろう。6戦目で初の王座を獲得し、16戦目ではジェイミー・マクドネルを第1ラウンドで倒し、3階級王者に輝いた。もしかすると引退までにさらにもう2階級でのチャンピオンになるかもしれない」

 井上のほか、「A」には伝説の世界ヘビー級王者モハメド・アリ(米国)、「M」では50戦無敗の5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)、「P」では6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)など、錚々たる26人が並んでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集