[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、“155日後の雪辱”に海外称賛「日本のスター復讐」「完全なワンサイド」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦(両国国技館)は22日、ロンドン五輪金メダリストの同級1位・村田諒太(帝拳)が同級王者のアッサン・エンダム(フランス)を7回終了後にTKO勝ちで撃破。5月に疑惑の判定で敗れた因縁の相手に文句なしの勝利を飾った「MURATA」の雪辱劇を、海外メディアは「ムラタが支配」「完全なるワンサイド」と称賛している。

5月の疑惑の判定からエンダムにリベンジKO…本場米国で賛辞「ムラタがリマッチを支配」

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦(両国国技館)は22日、ロンドン五輪金メダリストの同級1位・村田諒太(帝拳)が同級王者のアッサン・エンダム(フランス)を7回終了後にTKO勝ちで撃破。5月に疑惑の判定で敗れた因縁の相手に文句なしの勝利を飾った「MURATA」の雪辱劇を、海外メディアは「ムラタが支配」「完全なるワンサイド」と称賛している。

 あの屈辱から155日。村田はエンダムを序盤から圧倒。心身ともに戦意を失った相手が8回前に棄権し、日本人で初めて五輪金メダリストとして世界王者に輝いた。日本人のミドル級制覇は1995年の竹原慎二が制覇して以来、日本人2人目の快挙。その衝撃は瞬く間に海を越えた。

 本場米国の専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ムラタがリマッチを支配。7回後にエンダムを棄権させる」と特集。村田の雪辱が文句のつけようのないものだったと報じている。

 5月の初挑戦ではダウンを奪いながら、判定負けを喫した村田。WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長がエンダム勝利の採点を下したジャッジ2人に6か月の資格停止処分を言い渡すなど、ボクシング界で大きな波紋を呼んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集