[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大、計1758発の伝説の男達が「えげつない」と脱帽した“もう一つの武器”とは

実際に対峙してきたオルティス「あれは厄介だ」、トーマス氏「あまりにえげつない」

 そして、宿敵レッドソックスで対戦してきたオルティス氏はAロッドに対し、「何だか日本でも野球をしていた口ぶりだな」とジョーク。真顔に戻ると、田中の“ある球種”の恐怖について語り出した。

「オレはタナカとたくさん対決してきた。この男はとんでもないぐらいにえげつない。ここ何試合か見たけれど、ボールのスピードが戻ってきた。95マイル(約153キロ)だ。そして、スプリット、スライダー。彼はスライダーをたくさん投げていたが、あれは厄介だ」

 抜群の切れ味を誇るスライダーについて、「ビッグパピ」の愛称で知られるレッドソックスの英雄は、実際に対峙してきた経験から褒めるしかない様子だった。トーマス氏も賛同する。

「パピが言うところの、あまりにえげつないので素晴らしい、と言うところ。彼はストライクゾーンの低めにボールを収め続けた。スタンドから試合の序盤を見たけれど、ストライクゾーンギリギリで打者を翻弄するようだった。スプリットは効果的。スライダーはダイナマイトだ」

 田中といえば鋭く落ちる宝刀スプリットが代名詞。しかし、MLB史にその名を残す伝説的スラッガーたちはスライダーに驚きを隠そうとしなかった。絶好調を持続する田中。ポストシーズンでの無双モードは、もはや必然と呼べるかもしれない。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集