[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大、計1758発の伝説の男達が「えげつない」と脱帽した“もう一つの武器”とは

米大リーグのヤンキース・田中将大投手は、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で7回無失点で勝ち投手となった。ポストシーズンで3試合先発し、計20回2失点で防御率0.90と快投を続ける「TANAKA」について、かつてメジャーを沸かせた伝説のスラッガーが称賛。宝刀スプリットのみならず、田中の誇る“もう一つの武器”に「厄介だ」「えげつない」「ダイナマイトだ」と脱帽している。

Aロッド、オルティス、トーマスがテレビ番組で熱論…絶好調右腕の“あの球”を絶賛

 米大リーグのヤンキース・田中将大投手は、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で7回無失点で勝ち投手となった。ポストシーズンで3試合先発し、計20回2失点で防御率0.90と快投を続ける「TANAKA」について、かつてメジャーを沸かせた伝説のスラッガーが称賛。宝刀スプリットのみならず、田中の誇る“もう一つの武器”に「厄介だ」「えげつない」「ダイナマイトだ」と脱帽している。

 現地で熱戦が続くポストシーズン。テレビ中継しているFOXスポーツのスタジオでは錚々たるメンバーが解説を務めている。

 ヤンキースで田中と同僚だった通算696本塁打のアレックス・ロドリゲス氏、レッドソックスで対峙した541本塁打のデビッド・オルティス氏、ホワイトソックスなどで521本塁打を放ったフランク・トーマス氏と3人計1758発のスラッガーが、ポストシーズンで圧巻の働きを見せる田中について熱い議論を交わした。

 まずは元同僚のAロッドが日本人右腕の凄さを証言した。

「本当に、彼は信じられないような素晴らしい活躍を続けている。そして、タナカにとっては間違いなく自身を象徴するような瞬間になっている。彼は楽天ゴールデンイーグルスで2013年に優勝してからアメリカにやってきた。彼は数球団から欲しがられていた。だが、彼は最も熱狂的な球団でプレーを求めた。世界で最も厳しいマーケットを持ち、最も伝統のあるニューヨーク・ヤンキースをね。彼はここで、活躍している。ワオとしか言えない」

 摩天楼のまばゆいスポットライトを求め、審美眼の厳しいメディアとファンがいるニューヨークにやってきた背番号19の躍動に、メジャーを代表する元スーパースターのAロッドですら脱帽している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集