[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2年間で計18本!? ド軍サヨナラ弾、“捕りすぎ元警察官”の粋な計らいが米話題

今季だけですでに10本、WBC決勝も米国V弾キャッチの“幸運すぎる男”

 記事によれば、2年前から計18本、今季だけですでに10本のホームランボールを捕球。9月には若き強打者コディ・ベリンジャーの球団新人最多タイとなる35、36号を一人でキャッチしたという。この時は記念球を返還。代わりに本人と記念写真をパチリ。「キース、ホームランボールを戻してくれてありがとう」というサイン入りの公式球2個とユニホーム、バットをもらっていた。

 そして、この日はターナーの感動のサヨナラ弾を手中に収めた。記事によると「私は何も求めなかったんだ」と話し、今回もボールを返却。試合後にターナーと守護神ケンリー・ジャンセンと記念撮影に応じ、自身にとっては“生涯NO1”のキャッチになったという。

「これは自分の人生で最大のキャッチだ。これまで人生最大のキャッチはドジャースタジアムでアメリカが優勝したワールド・ベースボール・クラシックでのイアン・キンズラーの決勝弾をキャッチしたことだと思っていたけれどね」

 3月23日に行われたWBC決勝の米国―プエルトリコで、米国のリードオフマン、キンズラー(タイガース)が3回に放った先制2ランもキャッチ。ハップさんはクーパーズタウンの野球殿堂に刻まれる栄光のボールを寄付しているという。こんな“幸運すぎる男”に対するドジャースの祝福ツイートにはファンから称賛の声が届いている。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集