[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

清宮はどうなる? 8球団も拒否、MLBで活躍した選手も…過去の「多数競合ドラ1」の成績は?

NPBのプロ野球ドラフト会議がいよいよ26日に迫ってきた。今年の目玉はなんといっても早実・清宮幸太郎内野手だ。侍ジャパンでも活躍し、高校野球史上最多の111本塁打を放った怪物スラッガーに対し、阪神がすでに1位指名を公表するなど、何球団競合するか注目が集まっている。過去は8球団が最多だが、果たして、多数の競合ドラ1選手はどんな成績を残しているのか。

6球団以上の1位指名は8選手…過去のドラフト目玉選手の“その後”は?

 NPBのプロ野球ドラフト会議がいよいよ26日に迫ってきた。今年の目玉はなんといっても早実・清宮幸太郎内野手だ。侍ジャパンでも活躍し、高校野球史上最多の111本塁打を放った怪物スラッガーに対し、阪神がすでに1位指名を公表するなど、何球団競合するか注目が集まっている。過去は8球団が最多だが、果たして、多数の競合ドラ1選手はどんな成績を残しているのか。

 6球団以上の指名を受けた8選手の成績を振り返っていきたい。

【8球団】

○1989年 野茂英雄投手(新日鉄堺→近鉄)

 言わずと知れた「トルネード投法」のドクターK。史上初の8球団競合の末に近鉄が引き当てると、1年目から4年連続最多勝&最多奪三振の活躍。95年にはメジャーにわたり、新人王、ノーヒットノーラン2度、オールスター出場、MLB通算100勝など、日本人メジャーのパイオニアとして活躍した。

○1990年 小池秀郎投手(亜大→ロッテ拒否)

 前年の野茂に続き、8球団競合。ロッテが引き当てたが、入団を拒否し、社会人野球の松下電器に進んだ。92年ドラフト1位で近鉄入団。97年に15勝で最多勝を獲得したが、その後は中日、近鉄、楽天と渡り歩き、クラブチームでもプレー。NPB通算51勝47敗の成績だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集