[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

美技? 誤審? 「小さな巨人」の反転スロー リプレー検証も“微妙判定”に米論争

米大リーグの優勝決定シリーズで、二塁手がゴロをダイビング捕球の末に一塁送球し、一度はセーフと判定されながら、リプレー検証の末にアウトに判定が覆るシーンが発生。一躍、スーパープレーとなったが、MLB公式ツイッターが動画を紹介すると、実際には一塁手の足がベースが離れているのではないかと、ファンに“論争”を呼んでいる。

アルトゥーベがスーパープレー、判定はセーフ→リプレー検証でアウトも…ファンの声は?

 米大リーグの優勝決定シリーズで、二塁手がゴロをダイビング捕球の末に一塁送球し、一度はセーフと判定されながら、リプレー検証の末にアウトに判定が覆るシーンが発生。一躍、スーパープレーとなったが、MLB公式ツイッターが動画を紹介すると、実際には一塁手の足がベースが離れているのではないかと、ファンに“論争”を呼んでいる。

 美技か、誤審か――。問題のシーンが発生したのは、16日(日本時間17日)の優勝決定シリーズ第3戦のヤンキース―アストロズ戦だった。

 ヤンキースが3-0でリードした迎えた4回1死一塁の攻撃。打者グレゴリアスは二塁左へ痛烈なゴロを放った。これにアストロズの「小さな巨人」と言われる二塁の名手アルトゥーベが豪快に飛び込んで好捕。そして、立膝を突いたまま体をひねって、一塁に反転スローを投じた。

 一塁手ゴンザレスが体全体で懸命に左腕を伸ばしてキャッチ。タイミングはアウト、ファインプレーかと思いきや、一塁塁審は一塁手の足が離れていたとしてセーフの判断を下した。惜しくも美技ならず。ただ、これで展開は終わらなかった。際どいプレーにより、リプレー検証を実施。そして、審判団の競技の結果、判定は覆ってアウトがコールされたのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集