[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョシュア、5年前に演じた“戦慄の右一撃KO”に衝撃再び「伝説的な試合だ」

新型コロナウイルス感染拡大により、ボクシング界は試合は行われていないが、英メディアは世界ヘビー級3団体王者アンソニー・ジョシュア(英国)が5年前に演じた衝撃的KOをクローズアップ。実際のシーンを動画付きで公開し、「伝説的な試合だ」「AJのパンチは殺人級」とファンに興奮を甦らせている。

2015年5月、アンソニー・ジョシュア(左)はラファエル・ザンブラーノ・ラブにKO勝ちした【写真:Getty Images】
2015年5月、アンソニー・ジョシュア(左)はラファエル・ザンブラーノ・ラブにKO勝ちした【写真:Getty Images】

15年5月に一撃で相手を沈めた一戦、英メディア公開「AJによって閃光が走った!」

 新型コロナウイルス感染拡大により、ボクシング界は試合は行われていないが、英メディアは世界ヘビー級3団体王者アンソニー・ジョシュア(英国)が5年前に演じた衝撃的KOをクローズアップ。実際のシーンを動画付きで公開し、「伝説的な試合だ」「AJのパンチは殺人級」とファンに興奮を甦らせている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 この頃から怪物の予感が漂っていた。2015年5月、ラファエル・ザンブラーノ・ラブ(ブラジル)戦だった。その3回だ。果敢に前に出て、左右からパンチを打ち込むジョシュア。相手がガードしていようと、お構いなしだ。そして、左のジャブを放つとガードが下がり、一瞬の隙が生まれた。強烈な右ストレートが顔面をヒット。そのまま、仰向けに無残に倒れ込んだ。

 ザンブラーノは立ち上がろうとするが、あまりのダメージに意識が朦朧。カウントが進む中、やっと上体を起こすが、立ち上がる足に力が入らず、再びリングに倒れ込んでしまった。結局、10カウントを数えてKO勝ち。会場を騒然とさせた。

 当時の模様を英衛星放送「スカイスポーツ・ボクシング」公式ツイッターは「AJによってバーミンガムに閃光が走った! アンソニー・ジョシュアは雷のような右手パンチでラファエル・ザンブラーノを2015年にKOした」と紹介し、動画付きで公開。目の当たりにしたファンも思い思いに当時を回想した。

 コメント欄では「彼はヘビー級の真の世界王者だ」「フューリーにも同じパンチを食らわすことを願っている!」「これこそ最高レベルのボクシング」「AJのパンチは殺人級」「彼の爆発的なパンチが恋しいよ」「伝説的な試合だった」「もっと彼の試合を見せてくれ!」「皮肉にもこの試合によって世界がザンブラーノを知るきっかけになった」などと声が上がった。

 当時はデビュー12戦目。WBCインターナショナルヘビー級王者だったが、15年度のWBC新鋭賞を受賞し、注目される存在に。ヘビー級3団体統一まで駆け上がる足掛かりとなった。今後は4団体統一にも期待がかかる30歳。ボクシング界もコロナ禍で興行が行なえない状態にあるが、この強烈なパンチが炸裂する日を多くのファンも待ち望んでいる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集