[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】 本気!?演出!? 試合前から一触即発、クロフォードの“素手フック”に海外戦慄

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はボクシングのフェイスオフでの一触即発のシーンだ。にらみ合った後にクロフォードが、右フックを繰り出す場面を米放送局「ESPN」が公式ツイッターで公開。現地ファンを試合前からヒートアップさせた。

テレンス・クロフォード【写真:Getty Images】
テレンス・クロフォード【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年、一触即発のフェイスオフ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はボクシングのフェイスオフでの一触即発のシーンだ。にらみ合った後にクロフォードが、右フックを繰り出す場面を米放送局「ESPN」が公式ツイッターで公開。現地ファンを試合前からヒートアップさせた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2018年の10月。3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が27戦全勝のホセ・ベナビデス(米国)を迎える一戦の計量での出来事だった。顔がくっつきそうな距離で視線を交錯させた両者。クロフォードに対して、挑戦者のベナビデスが何事かつぶやき、そして両手で胸をプッシュ。その瞬間だ。頭に血が上ったのかクロフォードは右フックを一閃。このハンドスピードも速かったのだが、これをスウェーで見事に交わしたベナビデス。いきなり両選手が激しくやりあった。

 関係者に制止され引き離される両者。グローブをつけておらず、もしクロフォードのフックが当たっていたら……と恐ろしくなる場面を、ESPNは「どうやらテレンス・クロフォードとホセ・ベナビデスによるウェルター級のタイトル戦は、少し早めに始まったようだ」とつづり、動画で一部始終を公開。ファンも試合前からヒートアップだ。

「ベナビデスのマトリックスのような動き!」
「2人はUFCみたいだ…」
「これは熱い試合になる」
「もしこのパンチを自分が受けたら、立ち上がれないな…」
「わざと空振りになるようにパンチを出してるね」
「仕込みかな」
「WWEのようなスタイルだけど、彼等は試合への注目を集めようとしているんだ」

 もしかしたら試合を盛り上げるための演出なのか、という声も上がっていた応酬。翌日の試合ではクロフォードが12ラウンドにダウンを奪い、ベナビデスは何とか立ち上がるも、クロフォードが追い詰め畳みかけたところでレフェリーストップ。WBOウェルター級のベルトを初防衛し、現在までに3度防衛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集