[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パンチ被弾でレフェリーが“KO” 日本で起きた衝撃事件に海外反響「気の毒すぎる」

米国最大の総合格闘技「UFC」は9日(日本時間10日)にフロリダ州で「UFC 249」を開催するのを皮切りに、今月は13日(同14日)、16日(同17日)にもイベントを開催する予定だ。そんな中で代表のダナ・ホワイト氏はインスタグラムを更新。日本のボクシングで起きた“レフェリーKO事件”を動画付きで投稿すると、海外の格闘技ファンから「気の毒すぎる」「かわいそうなレフェリー」などと大反響を呼んでいる。

レフェリーがブレイクで選手間に割って入ろうとすると悲劇が…(写真はダナ・ホワイト氏のインスタグラムより)
レフェリーがブレイクで選手間に割って入ろうとすると悲劇が…(写真はダナ・ホワイト氏のインスタグラムより)

2007年、後楽園ホールでの試合にUFC代表が脚光

 米国最大の総合格闘技「UFC」は9日(日本時間10日)にフロリダ州で「UFC 249」を開催するのを皮切りに、今月は13日(同14日)、16日(同17日)にもイベントを開催する予定だ。そんな中で代表のダナ・ホワイト氏はインスタグラムを更新。日本のボクシングで起きた“レフェリーKO事件”を動画付きで投稿すると、海外の格闘技ファンから「気の毒すぎる」「かわいそうなレフェリー」などと大反響を呼んでいる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 レフェリーも常に危険と隣り合わせ、命懸けだ。舞台は2007年8月の後楽園ホール。亀海喜寛と近藤康弘の一戦だった。第3ラウンド終了間際。サラサスレフェリーがブレイクで選手間に割って入った瞬間だ。近藤の左フックがレフェリーの後頭部に直撃し、そのままダウン。場内は騒然となり、両ファイターもどうしていいかわからないような状況に。

 そのまま体を起こそうとするサラサスレフェリーだったが、立ち上がることができない。朦朧とした意識で関係者に支えられ退場。急遽別のレフェリーに交代となった。

 13年前に起きたまさかのハプニング。海外では時折レフェリーが被弾し“KO”されるという試合はあるが、日本では戦後初の珍事だったという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集