[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】まさに秒殺! UFC史上最速の“5秒失神KO”に同業者ですら戦慄「恐ろしく、残忍だ」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバックする。今回は、米国最大の総合格闘技「UFC」で昨年生まれた、開始わずか5秒での失神KO劇だ。ジャンピングニーがもろに直撃する場面を、海外記者が動画付きで公開。米メディアも取り上げ、UFCファイターたちも驚きを隠せない反応を示していた。

わずか5秒でKO勝利を収めたホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】
わずか5秒でKO勝利を収めたホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―19年7月の5秒失神KO

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバックする。今回は、米国最大の総合格闘技「UFC」で昨年生まれた、開始わずか5秒での失神KO劇だ。ジャンピングニーがもろに直撃する場面を、海外記者が動画付きで公開。米メディアも取り上げ、UFCファイターたちも驚きを隠せない反応を示していた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 瞬きをする間もなく、勝敗は決した。2019年7月の「UFC239」での出来事。ベン・アスクレン(米国)と対峙したホルヘ・マスビダル(米国)はゴングの瞬間、一直線に相手に向かって走り、飛び膝蹴りを食らわせた。顔面にまともに入ったアスクレンは、一撃で失神し、仰向けで硬直。マスビダルは追撃を食らわせようとしたが、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 ここまでわずか5秒。UFCの史上最短試合となったシーンを米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」が特集。記事では2人の試合が大いに盛り上がり、5秒で倒したのはUFC史上最速のKO劇だったと紹介されていた。

 さらに「マスビダルは楽しんでいた。彼は不必要なパンチを頭部に2発放ち、アスクレンの傍で祝福した」と状況を描写。その上で「UFCファイターとファンは畏怖した」と戦慄が走った様子を伝え、“同業者”たちのツイッター上での反応をまとめていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集