[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とロマチェンコ、どちらの戦歴が上? 海外で議論白熱「ロマは負けている」

ボクシング界もコロナ禍で興行中止が続く中、海外ファンは米メディアのフォーラムで、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とライト級3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、辿ってきたキャリアは「どちらが上か」という議論で白熱。“モンスター”と“精密機械”それぞれの支持者が互角の論争を繰り広げている。

井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

PFPの2位と3位、米メディアのフォーラムでファンが議論

 ボクシング界もコロナ禍で興行中止が続く中、海外ファンは米メディアのフォーラムで、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とライト級3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、辿ってきたキャリアは「どちらが上か」という議論で白熱。“モンスター”と“精密機械”それぞれの支持者が互角の論争を繰り広げている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「ワシル・ロマチェンコ対ナオヤ・イノウエ どちらの履歴書が上なのか」という議題で白熱したのは米メディア「ボクシングニュース24」のフォーラムだった。

 リング誌選定パウンド・フォー・パウンド(PFP)2位のロマチェンコのキャリアについては14勝(10KO)1敗と紹介。3階級制覇中で、ゲイリー・ラッセル・ジュニア(米国)、ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)、ホルヘ・リナレス(ベネズエラ=帝拳)相手の勝利をキャリアのハイライトとして、評価している。

 一方、リング誌のPFP3位の井上は19戦全勝(16KO)。同じく3階級制覇で、ハイライトはアドリアン・エルナンデス(メキシコ)、オマール・ナルバエス(アルゼンチン)、ノニト・ドネア(フィリピン)というレジェンド相手の勝利と紹介。

 ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)という世界クラスのファイターを合計4ラウンド以内に3試合連続でKOした実績と、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)優勝というタイトルも特筆されていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集