[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】ワイルダー、“126秒失神KO”に甦る衝撃 戦慄の右ストレートで相手は大の字

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はボクシングの元WBC世界ヘビー級王者、デオンテイ・ワイルダー(米国)。V9を懸けた2019年5月の同級タイトルマッチで、衝撃の126秒KO勝ちを収めた試合だ。同級4位ドミニク・ブレアジール(米国)を右ストレート一発で失神させたシーンは、ボクシング界を震撼させた。

デオンテイ・ワイルダー【写真Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー【写真Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―ワイルダー、19年5月の失神KO勝ち

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はボクシングの元WBC世界ヘビー級王者、デオンテイ・ワイルダー(米国)。V9を懸けた2019年5月の同級タイトルマッチで、衝撃の126秒KO勝ちを収めた試合だ。同級4位ドミニク・ブレアジール(米国)を右ストレート一発で失神させたシーンは、ボクシング界を震撼させた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 たった一撃で100キロ超の巨体を沈めた。9度目の防衛戦、初回2分過ぎだ。ワイルダーの右ストレートが相手の顔面を直撃。強烈な一発に、ブレアジールは全身の力が抜けたように腰から崩れ、仰向けで大の字に倒れた。会場は騒然。挑戦者はレフェリーを見つめて立ち上がろうとするも焦点が定まらず、非情の10カウントが数えられた。

 敗れたブレアジールは呆然。試合後も足元がおぼつかず、衝撃の大きさが窺えた。わずか126秒で決着させたワイルダーは、筋骨隆々の肉体を誇示するように両手を広げ、会場の熱狂に応えた。この日はWBSS準決勝でWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の259秒KOもボクシング界にインパクトを放っていたが、ワイルダーの衝撃126秒KOもファンを熱狂に巻き込んだ。

 ワイルダーは続く11月の防衛戦で、同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を圧巻の7回KO。V10を達成したが、今年2月のタイソン・フューリー(英国)との“世紀の再戦”で7回TKO負け。44戦目でプロ初黒星を喫し、王座陥落した。海外メディアによると、両者の第3戦が10月に開催予定だというが、王座返り咲きなるか注目だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集