[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】敗戦国が日本を称える“ノーサイドの花道”に感動の輪「何回見ても涙出る」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。日本代表は史上初の8強に進出。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレイバックする。今回は9月28日の一戦で敗れたアイルランドが日本のために作った“友好の花道”だ。日本もお返しの花道を作った粋なシーンを大会が試合後に公開すると、再生回数は110万回を記録した。

試合後、アイルランド代表が日本代表に示した姿が感動を呼んだ【写真:荒川祐史】
試合後、アイルランド代表が日本代表に示した姿が感動を呼んだ【写真:荒川祐史】

新型コロナ禍の今こそONE TEAMに― ラグビーW杯の名珍場面を日々回想する

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。日本代表は史上初の8強に進出。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレイバックする。今回は9月28日の一戦で敗れたアイルランドが日本のために作った“友好の花道”だ。日本もお返しの花道を作った粋なシーンを大会が試合後に公開すると、再生回数は110万回を記録した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 歴史的金星の裏でスポットライトを浴びた。試合後にピッチ上に広がった光景が、熱狂した日本に爽やかな風を吹かせた。両チームが客席に挨拶し、先に引き揚げようとしたのはアイルランド。しかし、ピッチを出るあたりで選手たちが足を止め、2つに分かれ、列を作った。視線を向けたのは、日本の選手たちに対して。歓喜に沸いた観衆から大声援を浴びた勝者に花道を作り、迎え入れようとしたのだ。

 そして、日本の選手たちはその間を通って引き揚げていく。アイルランド選手は拍手を送り、時に日本の選手の肩を叩いた。すると、日本もお返しだ。全員が通りすぎると、今度は日本の選手たちが2つに分かれ、花道を作る。その間をアイルランドの選手たちが通り、日本が拍手で迎え入れる。互いに対するリスペクトが伝わる、ラグビーならではのシーンだ。

 大会の日本語版公式ツイッターが実際のシーンを動画付きで公開すると「何回見ても涙出る」「魂が揺さぶられる」「これぞノーサイドの精神」「最高のスポーツ精神」「なんと美しい光景」「最高の友情ですね」「心から尊敬」と感動の声が広がり、再生回数は現在までに112万回を突破した。試合は当時世界ランク9位の日本が同2位のアイルランドを破るという歴史的金星となった一戦。それでも、勝者も敗者も互いにリスペクトを示すノーサイドのシーンは、感動を呼んでいた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集