[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン伝説の始まり― 初戴冠、20歳の戦慄KOに米衝撃「マジで伝説だ」「荒々しい」

ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソン(米国)。元ヘビー級3団体統一王者が初めてチャンピオンベルトを巻いたのは1986年、20歳だった。当時の王者トレバー・バービック(カナダ)をわずか2ラウンドで仕留める圧巻のKOシーンを、米メディアが動画付きで再脚光。ファンに再び衝撃を与えている。

マイク・タイソン【写真:Getty Images】
マイク・タイソン【写真:Getty Images】

初のタイトル挑戦で2回TKO、圧倒的な勝利を米メディア復刻

 ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソン(米国)。元ヘビー級3団体統一王者が初めてチャンピオンベルトを巻いたのは1986年、20歳だった。当時の王者トレバー・バービック(カナダ)をわずか2ラウンドで仕留める圧巻のKOシーンを、米メディアが動画付きで再脚光。ファンに再び衝撃を与えている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 今から34年前。タイソンがボクシング界に最初の衝撃を残した。勝負は早々に決まった。第2ラウンド。荒々しく王者に詰め寄る、20歳のタイソン。オーバーハンドの右をヒットさせると、さらに追撃。左右の連打でコーナーに吹っ飛ばす。そしてハンマーのように振り回した右で最初のダウンを奪う。

 何とか立ち上がるバービック。だが、タイソンは逃さない。豪快なアッパーから、左フックを叩き込み再びダウンを奪う。マットに背をついた王者も懸命に立ち上がろうとするが、ダメージの色は濃く、足元がおぼつかない。2度もよろけて尻餅をつく。試合続行は不可能だった。圧倒的な強さを見せつけた2回TKO。20歳5か月で史上最年少の世界ヘビー級王者に上りつめた瞬間だった。

 衝撃的なダウンシーンを動画付きで復活させたのは、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式ツイッターだった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集