[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンが陥落ワイルダーを叱咤激励 「熱意をもって戦い続けろ」「大人になれ」

ボクシングの元WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は、2月22日(日本時間23日)に行われたWBC同級タイトルマッチで、現王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫して王座陥落。“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。圧倒的な強さで人気を博したマイク・タイソン氏(米国)は、敗者のワイルダーへ叱咤激励を送っているという。

デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

フューリーに敗れたワイルダーへ、タイソン氏がエール

 ボクシングの元WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は、2月22日(日本時間23日)に行われたWBC同級タイトルマッチで、現王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫して王座陥落。“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。圧倒的な強さで人気を博したマイク・タイソン氏(米国)は、敗者のワイルダーへ叱咤激励を送っているという。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 フューリーとワイルダーは2018年12月に対戦し、引き分け。2度目の対戦ではフューリーが圧倒し、V10を誇っていたワイルダーがベルトを手放した。海外報道によると、両者の第3戦は10月に開催予定だという。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、「フューリー対ワイルダーの第3戦をタイソン氏が語る:ワイルダー、大人になって難局に立ち向かえ!」と題して記事を掲載。第2戦を現地で観戦したタイソン氏が、インスタグラムのライブ機能で語った内容を伝えている。

「第1戦が終わって、ワイルダーは難しい局面にうまく対応することができなかった。でも、チャンスはあった。誰にでもチャンスはある。問題はそこにどれだけ賭ける思いがあるかなんだ。ワイルダーは(第2戦に)勝つことに本当に人生を捧げたかっただろうか。もし捧げるなら、あらゆることが起こる」

 タイソン氏は第2戦のワイルダーについてこのように分析。試合への熱意が欠けていたと指摘したと伝えられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集