[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ファン・ペルシーの“伝説ゴール”再び? 無名ロシア選手のヘッドに本人興奮「素晴らしい」

サッカーのロシア・ナショナル・フットボールリーグ(FNL)で、あるゴールが話題を呼んでいる。FCヒムキに所属する選手が決めたシュートが、元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシーから称賛を受けているという。

元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシー氏【写真:Getty Images】
元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシー氏【写真:Getty Images】

ロシアのサッカー選手、バルコフが決めたダイビングヘッドが話題

 サッカーのロシア・ナショナル・フットボールリーグ(FNL)で、あるゴールが話題を呼んでいる。FCヒムキに所属する選手が決めたシュートが、元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシー氏から称賛を受けているという。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 ゴールが生まれたのは9日、月曜日の試合。FCヒムキ対FCトムトムスクの試合の前半アディショナルタイムだ。FCヒムキのドミトリー・バルコフは、センターラインから大きく蹴りだされたパスに対し、ペナルティエリア手前からダイレクトでヘディングシュート。ボールはキーパーの頭を越えてそのままゴールへ。後方からの難しいパスをダイビングヘッドで見事に合わせて先制点を奪った。

 この動画がSNSで拡散されると、これに反応したのがファン・ペルシー氏だった。ロシア放送局「ロシアトゥデー」は経緯について記事で紹介している。同局によると「これはあなたですか?」と動画とともに自身のアカウントがタグ付けされたツイートに、ファン・ペルシーは「自分はもう飛んでいないので違う。だけどなんて素晴らしいゴールだ!」と返信しているという。

 ファン・ペルシー氏は2014年のブラジルW杯スペイン戦で、同様にセンターラインからのパスをダイビングヘッドで決めていた。まるで模倣したかのようなバルコフのゴールを、同局は「そのヘディングは史上最も象徴的と言われた男のゴールまでには及ばないが、無名のロシアのサッカー選手はオランダのレジェンド、ファン・ペルシーから称賛を受けた」と紹介している。

 記事では「27歳のバルコフのこれからのキャリアで何が起きるか分からないが、1人の偉大な人物から称賛を受けたことは、彼を有名にさせた出来事になっただろう」と偉大なレジェンドを思い起こさせるシュートの影響力に注目していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集