[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のカシメロ戦は「リスキー」 リゴンドー陣営が大ダメージ後の一戦を危惧

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。井上との対戦を熱望するWBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を指導するトレーナー、ロニー・シールズ氏は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝戦で眼窩底と鼻骨骨折などの大ダメージを負ったモンスターを懸念。「統一戦の連続はリスク」と持論を展開している。米メディア「ファイター iQ」公式YouTubeで語った。

昨年11月にノニト・ドネアと対戦した井上尚弥【写真:Getty Images】
昨年11月にノニト・ドネアと対戦した井上尚弥【写真:Getty Images】

井上はドネア戦で眼窩底など骨折、対戦熱望のリゴンドー陣営が危惧

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。井上との対戦を熱望するWBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を指導するトレーナー、ロニー・シールズ氏は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝戦で眼窩底と鼻骨骨折などの大ダメージを負ったモンスターを懸念。「統一戦の連続はリスク」と持論を展開している。米メディア「ファイター iQ」公式YouTubeで語った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 スーパーバンタム級最強と呼ばれたリゴンドーは2月8日、米ペンシルバニア州アレンタウンで行われたWBA世界バンタム級正規王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と激突。2-1の判定勝ちで2階級制覇を達成した。そのリゴンドーをトレーナーとして支えたシールズ氏は井上対カシメロ戦について質問を受け、こう即答している。

「井上対カシメロ戦を観戦するか? もちろん! もちろんだ」

 試合内容の予想については明言しながったが、昨年11月の元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との一戦で井上が受けた大ダメージについて言及。「眼窩底骨折などダメージを負ったファイターが新たに統一戦に臨むのはリスクがあるか?」と質問され、「リスキーだ。心配だよ」と語った。

 ドネアとのWBSS決勝の2ラウンド目に井上はドネアの閃光フックを被弾。右目の上を深き切り、流血。試合後には鼻骨と眼窩底骨折が発覚するなど、キャリア最大のダメージを受けていた。

 ドネアに続き、パンチャーのカシメロとの2連続の大一番を危惧したシールズ氏。「彼は問題ないからこそ、彼やドクターもこの試合を選んだのだろう。それでもリスクはあるだろう」と分析。かつてマイク・タイソン、イベンダー・ホリフィールドというヘビー級のレジェンドも指導した名伯楽はモンスターがドネア戦で受けたダメージを危惧していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集