[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バド日本代表、異例50日間の長期遠征出発 新型コロナ余波で「すごい日程と驚いた」

バドミントン日本代表は8日、五輪レース終盤を戦い抜く50日におよぶ長期海外遠征に旅立った。

意気込みを語った朴柱奉ヘッドコーチ【写真:平野貴也】
意気込みを語った朴柱奉ヘッドコーチ【写真:平野貴也】

全英オープン後に帰国予定を変更、国際ツアーを転戦へ

 バドミントン日本代表は8日、五輪レース終盤を戦い抜く50日におよぶ長期海外遠征に旅立った。行き先は、11日に全英オープンが開幕する、英国バーミンガム。当初は大会後に帰国を予定していたが、新型コロナウイルスの影響により、各国が渡航者の制限を設けるようになっているため、日本バドミントン協会は方針を変更した。出発後は、海外で合宿を行い、国際ツアー大会を転戦。五輪レース最終戦となる4月26日閉幕のアジア選手権(中国・武漢からフィリピン・マニラに開催地変更)までの約50日間を帰国せずに戦い抜く。慌ただしい対応に追われながらも体制を整え、日本代表を率いる朴柱奉ヘッドコーチは「(全英の前に参戦予定だった)ドイツオープンが開幕3日前に中止になり、緊急ミーティングをした。大事な五輪レースの最後の勝負。無理のあるスケジュールだけど、予定が決まって良かった。全英は、残りの大会で一番大事。良い成績を残せれば、残りの大会が楽になる。全員集中で頑張りたい」と、五輪レース終盤の大舞台に向けた意気込みを語った。
 
 バドミントンの東京五輪出場権獲得レースは、4月末までの1年間の成績を反映した世界ランキングで争われる。レースはすでに終盤で、出場圏の瀬戸際の選手や追い上げを狙う選手にとっては、最も重要な期間となる。しかし、新型肺炎の影響により、すでに複数の大会が中止や延期、あるいは開催地変更となっており、大会の日程自体が不透明だ。全英オープン後に日本の選手が参加するインドオープンは、ビザが取得できるか、有効かという問題も抱えたが「ギリギリ、取得できた」(日本バドミントン協会関係者)という。全英後の帰国を取り止めたが、海外合宿も当初予定していた英国の大学は使用不可となり、英国協会の協力を得て当地のナショナルトレーニングセンターを借りるなど、刻一刻と変わる状況の中で、関係者は対応に追われている。一方、医師による講習や、マスクの配布など、選手には予防を徹底。選手の検温は、毎日行われている。同部屋での濃厚接触を避けるため、合宿期間のホテルは、できるだけシングルユースを希望することも検討しているという。朴HCは「コンディションの管理が大事。選手個人の問題ではなく、選手団としての問題になり得る。何度も体調管理の話をした」と体調面での警戒を強調した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 世界中が困惑している状況だが、選手は変わらずに結果を求められる。男子ダブルス世界ランク4位の園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)は、五輪出場の有力候補。夏に向けて上位シードの獲得とコンディションの向上を狙う。園田は「話を聞いたときは、すごいスケジュールだなと思い、驚いた。全英には栄養士さんや(食事面のサポートをしている)味の素の方が付いて来て下さるので、食事の面でアドバイスをもらいたい」と長期遠征の鍵に食事を挙げた。嘉村は「全英は、大会の開催が最終的には月曜日(開幕前日)に決まると聞いている。学校の休校などでバドミントンをプレーできない学生や社会人が多い中、少しでも元気を与えられるような結果を残したい。大会があるかどうか分からないけど、期間は分かっているので、ベストを出せるように準備したい」と抱負を語った。五輪レースの最後、前代未聞の長い戦いが始まる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集