[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

辛口の瀬古利彦氏も一山麻緒を絶賛 終盤の強さに驚き「この走りなら世界に通用する」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。トラックを含め5度目の五輪出場を目指した福士加代子(ワコール)は代表切符を逃した。

一山麻緒を絶賛した瀬古利彦氏【写真:石渡史暁】
一山麻緒を絶賛した瀬古利彦氏【写真:石渡史暁】

日本歴代4位の好記録「これほど力がついたというのには驚いた」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。トラックを含め5度目の五輪出場を目指した福士加代子(ワコール)は代表切符を逃した。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーはレース後の会見で大会を総括。「一山選手、本当にいい走りでした」と優勝した22歳を高く評価した。「雨が降って、記録が出るのかなという心配はありましたが、どこ吹く風で30キロ以降、自信を持って走ってくれた。ペースを上げすぎかな、ランニングハイになってしまったんじゃないかという心配もありました。何の心配もいらなかったですね」と称賛。特筆したのは終盤の強さだった。「後半の方が23秒速い。この走りをすれば世界にも通用すると思う。もともと彼女は能力が高いとわかっていましたが、これほど力がついたというのには驚いた」と口にした。

「この5か月、大迫選手と同じような気持ちで臨んだんじゃないかと思いました」と男子で最後の1枠をかけ、前週の東京マラソンに挑戦した大迫傑を引き合いに出した瀬古氏。「昨年の東京マラソンの雨、冷たい雨が彼女の経験になったと思った。今日の雨の方が温かくて、全然大丈夫だと思ってスタートしたんじゃないか。五輪でも期待したいと思う」と辛口の同氏も声を弾ませた。「男子もそうですが、女子もこういう高いレベルで記録を設定したことが、記録につながったのかなと思う。五輪に向かっていよいよ気を引き締めて頑張っていきたい」と語った。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集