[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本馬の夢撃破 デットーリ快挙に海外で脚光「競馬の歴史書を書き換え続ける」

世界に燦然と輝く名ジョッキーに、また新たな勲章が加わった。1日にフランスのシャンティイ競馬場で行われたG1凱旋門賞(芝2400メートル)で、ランフランコ・デットーリ騎手(46)がイギリスのエネイブル(牝3)で勝利。凱旋門賞の通算勝利数を5勝として、歴代単独トップに立った。デットーリの母国イタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙も「デットーリ自身が歴史」として報じ、「競馬の世界の歴史書を常に書き換え続けている」と大絶賛している。

凱旋門賞でサトノダイヤモンド&ノブレス撃破、歴代最多5勝目に伊メディア大絶賛

 世界に燦然と輝く名ジョッキーに、また新たな勲章が加わった。1日にフランスのシャンティイ競馬場で行われたG1凱旋門賞(芝2400メートル)で、ランフランコ・デットーリ騎手(46)がイギリスのエネイブル(牝3)で勝利。凱旋門賞の通算勝利数を5勝として、歴代単独トップに立った。デットーリの母国イタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙も「デットーリ自身が歴史」として報じ、「競馬の世界の歴史書を常に書き換え続けている」と大絶賛している。

 日本でもサトノダイヤモンド(牡4)、サトノノブレス(牡7)の日本馬参戦により、注目が集まったレースだったが、デットーリを鞍上にしたエネイブルは好スタートから先団をキープ。5頭出しのエイダン・オブライエン厩舎のアイダホ(牡4)とオーダーオブセントジョージ(牡5)から厳しいマークを受けたが、向こう正面では外目の3番手と絶好のポジションを確保。最後の直線に向くとスムーズに外に持ち出し、一気の末脚で抜け出して先頭でゴールした。

 デットーリはこれが凱旋門賞5勝目。1995年に「神の馬」と称されたラムタラで初勝利を挙げてから、2001年のサキー、02年のマリエンバード、15年のゴールデンホーンに続く勝利。日本でも馴染みの深いオリビエ・ペリエ騎手や、往年の名騎手パット・エデリーなどと並んでいた通算4勝から抜け出し、足掛け22年での偉業達成となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集