[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「マツヤマを見ないといけない」 松山、ラウンド前の“一流の流儀”に米脚光

海外男子ゴルフのプレジデンツカップ最終日は1日(日本時間2日)、全選手が出場するシングルス12戦が行われ、世界選抜の松山英樹(レクサス)が米国選抜のジャスティン・トーマスを3&1で撃破。シーズン最終戦のラストで、木をすり抜ける“神アプローチ”などで称賛を呼んでいたが、米記者はラウンド前の一流のルーティンに注目。「ヒデキ・マツヤマを見ておかないといけない」と絶賛している。

宿敵トーマス撃破、ラウンド前のルーティンに米記者感銘「君はしっかり見ないといけない」

 海外男子ゴルフのプレジデンツカップ最終日は1日(日本時間2日)、全選手が出場するシングルス12戦が行われ、世界選抜の松山英樹(レクサス)が米国選抜のジャスティン・トーマスを3&1で撃破。シーズン最終戦のラストで、木をすり抜ける“神アプローチ”などで称賛を呼んでいたが、米記者はラウンド前の一流のルーティンに注目。「ヒデキ・マツヤマを見ておかないといけない」と絶賛している。

 松山は神懸かり的なアプローチを演じ、世界ランク3位の本領を最後の最後で発揮した。6番パー4で木の目の前から放ったアプローチで、巨大な木をすり抜け、ピン横1.5メートルにつけるスーパーショットが炸裂。ピンチを一転チャンスに変えた一打にPGAツアーは「木? 木がなんだって?」と公式ツイッターに動画付きで紹介し、称賛するなど話題を呼んでいた。

 しかし、現地ではラウンド前から日本のエースの“ある行動”で注目は高まっていた。米スポーツ専門局「ESPN」のジェイソン・ソベル記者はツイッターで、松山の入念にグラブを調整する様子に目を奪われていたことを明かした。

「大きな試合の前、君が愛用するドライバーを隅々まで調整すること以上に、試合中における自信へと繋がるものはない。君はしっかりと見ておかないといけない、ヒデキ・マツヤマを」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集