[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪物ザイオンが“カーメロ超え”の史上初快挙 米メディア「パフォーマンスは歴史的」

米プロバスケットボール(NBA)の19年ドラフト全体1位指名、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが28日(日本時間29日)、キャバリアーズ戦に先発し、30分27秒の出場で24得点、3リバウンド、2アシスト、2スティールをマークし、116-104の勝利に貢献。これにより、NBA史上初の「10代で10試合連続20得点超え」を達成した。

ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】
ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】

NBA史上初の「10代で10試合連続20得点超え」を達成、快挙に称賛の声

 米プロバスケットボール(NBA)の19年ドラフト全体1位指名、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが28日(日本時間29日)、キャバリアーズ戦に先発し、30分27秒の出場で24得点、3リバウンド、2アシスト、2スティールをマークし、116-104の勝利に貢献。これにより、NBA史上初の「10代で10試合連続20得点超え」を達成した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 米メディア「ヤフースポーツ」は「ザイオン・ウィリアムソンがNBA史上初の10試合連続20得点以上を記録した10代の選手に」と見出しを打って特集。「ザイオン・ウィリアムソンはシーズン開始に間に合わなかったが、彼は今、それを最大限に活かしている」と活躍ぶりを伝えている。

 19歳のザイオンは故障によりNBAデビューは出遅れたものの、1月23日にようやく初出場を果たすと、1日のグリズリーズ戦で20得点を記録して以来、20得点超えを継続。この日のキャバリアーズ戦で24得点を記録し、これにより10代選手としては初の「10試合連続」となった。

 記事では「パフォーマンスは歴史的なものだった」と称賛し、03年にナゲッツのカーメロ・アンソニー(現トレイルブレイザーズ)が記録した9試合連続20得点を超えたことを紹介。「10試合連続20得点以上」は新人としてもドノバン・ミッチェル、ジョエル・エンビード、ブレイク・グリフィンに続き、史上4人目であることも伝えた。

「ウィリアムソンはこの記録をいとも簡単に成し遂げた。10試合での1試合平均得点は25.5。オールスター後の4試合では60%近いシュート成功率を記録し、平均26.5得点を記録している。金曜日の試合は、元デューク大の逸材にとってNBA14試合目だった。ここまで20得点に到達できなかった試合はたった1試合だけだ」

 このようにズバ抜けたスタッツを紹介。ドラフト全体9位の八村塁(ウィザーズ)らと同期入団となったが、大学時代から「怪物」と称され、全米に名を轟かせてきた逸材にとっては、こんな快挙もまだ通過点か。どこまで記録を伸ばすのか。さらに期待は高まりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集