[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズのエース・ビールが仰天 「高校以来見たことない」ネッツの“奇策”とは

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは26日(日本時間27日)、本拠地でネッツと対戦。西海岸へのロード4連戦前最後のホームゲームで110-106で勝利。連敗を3で止め、オールスター明け初勝利を飾った。怪我からの復帰以降、9試合連続スタメン出場となった八村塁は26分59秒のプレー時間で、17得点、4リバウンドを記録した。この試合でネッツが採用したディフェンスに、ブラッドリー・ビールが驚きを示した。

ブラッドリー・ビール【写真:AP】
ブラッドリー・ビール【写真:AP】

ビール封じにネッツが仕掛けたのは「ボックスワン」

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは26日(日本時間27日)、本拠地でネッツと対戦。西海岸へのロード4連戦前最後のホームゲームで110-106で勝利。連敗を3で止め、オールスター明け初勝利を飾った。怪我からの復帰以降、9試合連続スタメン出場となった八村塁は26分59秒のプレー時間で、17得点、4リバウンドを記録した。この試合でネッツが採用したディフェンスに、ブラッドリー・ビールが驚きを示した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ネッツが施した“エース封じ”の対策にビールも仰天だ。前半を60-46と大量14点のリードを得て試合を折り返したウィザーズ。しかし、第3クォーター(Q)に入ると失速。前半に11点決めていたエースのビールがこのクォーターでは2点と沈黙。オフェンスが機能せず、チーム全体でもこのクォーターで21点しか決められず、逆転を許した。何とか第4Qに盛り返して辛くも勝利を掴んだウィザーズだったが、苦戦を強いられた原因は、ネッツが採用したあるディフェンス戦術にあったようだ。

 試合後、ネッツのディフェンスについて聞かれたビールは「混乱した。相手が何をしているのか分からなかったんだ」と明かし、その理由については「後で『ボックスワン』だと分かった。高校以来見たことがなかったからビックリした。素早くプレーすることを心掛けた。素早いピック・アンド・ロールや、ピンダウンをして、相手ディフェンスをできるだけ剥がそうと心掛けたんだ」と、NBAレベルではなかなか採用されないディフェンス戦術が混乱を招いたことを告白した。

「ボックスワン(またはボックス&ワン)」とは、1人のディフェンダーが相手のオフェンス1人にマンツーマンディフェンスで付き、他の4人のディフェンダーがエンドライン及びサイドラインと平行になる辺を形成する、四角形の隊形でゾーンディフェンスを行うディフェンス戦術。昨年のNBAファイナル第2戦でもラプターズがこの戦術を用いて話題となったが、多くの場合、高校や大学で採用される戦術だ。

 ビールが「混乱した」と話したように、一定の効果を示した「ボックスワン」。3P全盛期のNBAにあって、この戦術が登場する機会は今後もなかなかないだろうが、“奇策”として用いるチームはこれからも出てくるかもしれない。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集