[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、敗者ワイルダーへの熱い“感謝のキス”に反響「リスペクトの姿がそこに」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けだった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取した。今年最初のビッグマッチで世界中が熱狂した中、フューリーがインスタグラムで公開した敗者への“労いのキス”画像に「リスペクトの姿がそこに」などと反響が集まっている。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

激闘直後に熱い抱擁、フューリーがワイルダーの額にキスをした姿とは…

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に7回1分39秒TKO勝ち。引き分けだった2018年12月以来の“世紀の再戦”を制し、V10を誇る王者から王座奪取した。今年最初のビッグマッチで世界中が熱狂した中、フューリーがインスタグラムで公開した敗者への“労いのキス”画像に「リスペクトの姿がそこに」などと反響が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 最大級の敬意を表現する1枚だ。激闘を終えたリング上。陣営や関係者が入り乱れる中、王座奪取に成功したTシャツ姿のフューリーはワイルダーの頭を抱きかかえている。そして、敗者の額にキス。ワイルダーはプロ44戦目で初黒星。フューリーは尊敬の念を込め、拳をぶつけ合った者同士にしかわからないものを共有しているようだった。

 フューリーは文面に「世紀の対戦相手に愛と敬意を」と投稿。コメント欄には「これぞボクシング! フューリー、おめでとう。君は偉大な心を持った偉大な男である、素晴らしいチャンピオンだ!」「リスペクトの姿がそこに」「伝説の2人」「君たちは、私たちにとって心を震わせる存在だ」とファンの反響が集まり、88万件を超える「いいね!」が押されている。

 勝ってなおライバルへの思いを表現した新王者。第3戦の可能性も海外メディアで報じられているが、2人は三度拳を交えることになるのだろうか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集