[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、10得点8リバウンド 球宴舞台凱旋で奮闘、ウィザーズは後半戦2連敗

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは22日(日本時間23日)、敵地でブルズと対戦。今季1勝2敗の相手に117-126で敗戦し、オールスター明け後半戦2連敗となった。怪我からの復帰以降、7試合連続スタメン出場となった八村塁は10得点、8リバウンド、4アシストを記録した。

10得点8リバウンドを記録したウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】
10得点8リバウンドを記録したウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】

シカゴのブルズ戦で復帰以降7試合連続スタメン

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは22日(日本時間23日)、敵地でブルズと対戦。今季1勝2敗の相手に117-126で敗戦し、オールスター明け後半戦2連敗となった。怪我からの復帰以降、7試合連続スタメン出場となった八村塁は10得点、8リバウンド、4アシストを記録した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 オールスターが開催されたシカゴのユナイテッド・センターに舞い戻った八村。第1Q残り10分43秒にフリースローライン付近からこの日最初のシュートを沈めると、その約40秒後には相手ボールをスティールし、自らボールを運んでそのままレイアップを決めた。さらにフリースロー2本を決めるなど躍動した八村は、第1Qだけで8得点、5リバウンドを記録した。

 第2Q残り7分28秒にコートへ戻った八村は、シカゴディフェンスの前にリズムを作れないチームとともにペースを崩し、なかなかボールに絡めなくなると、反対にターンオーバーやディフェンス面で2つのパーソナルファウルを犯すなど苦しいクォーターに。前半だけで13のターンオーバーを献上したウィザーズは、58-73と15点のリードを許して試合を折り返した。

 後半開始から1分40秒ほどで10連続得点を許したウィザーズはリードを25点に広げられ、一層厳しい状況に。しかし、ここから反撃開始。ブラッドリー・ビールやデイビズ・ベルターンズの3Pシュートなどで、残り6分15秒までに一気に9点差まで追い上げる。八村は3つのディフェンシブリバウンドを記録した後、残り2分49秒にトーマス・ブライアントとの交代でベンチへ下がった。

 最終Qに入ってもウィザーズの攻勢は続き、16点あったビハインドを9点に詰め、残り6分52秒に再び、八村はコートに。自身の得点などでさらに食い下がったが、逆転はならず。チームはオールスター明け2連敗、後半戦初勝利も逃した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集