[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ワイルダー、伝説ヘビー級王者フォアマンが粋な激励「負けは痛いだろう、でも…」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)が元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負け。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星。11度目の防衛ならず、まさかの王者陥落となったワイルダーに向け、伝説のヘビー級王者がツイッターで粋な励ましを送っている。

タイソン・フューリー(左)に敗れたデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー(左)に敗れたデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

ツイッター上でワイルダーのアカウントへ直接メッセージ発信

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、王者デオンテイ・ワイルダー(米国)が元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負け。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星。11度目の防衛ならず、まさかの王者陥落となったワイルダーに向け、伝説のヘビー級王者がツイッターで粋な励ましを送っている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ラスベガスでまさかの光景が広がった。ワイルダーは積極的に前に出たフューリーの圧力に押され、3回には右のオーバーハンドを左側頭部に食らってダウン。これで一気に動きが鈍ると、5回にはボディーを受け、2度目のダウン。あとは防戦一方となり、なんとか立ち続けるのがやっとの状態に。7回にラッシュを食らい、ついにレフェリーストップ。呆然とした表情で立ち尽くした。

 過去43戦42勝(41KO)1分けと圧倒的な戦績を誇った王者が喫したプロ初黒星。戦前はワイルダー優位を予想する声が多かっただけに、衝撃は瞬く間に広がった。そんな中、反応したのが、ジョージ・フォアマン(米国)。モハメド・アリとの「キンシャサの奇跡」などで知られ、伝説の一人に数えられる往年のヘビー級王者だ。

 ツイッター上で、ワイルダーのアカウントへ向け、突如メッセージを発信した。「ブロンズボンバー(ワイルダーの愛称)へ」と切り出すと「やあ、チャンプ。一度チャンピオンになったヤツはいつだってチャンピオンだ。君はボクシングに実に多くのことを果たしてきた。負けは痛いだろう。でも、君はさらに偉大な男となって帰ってくるだろう。俺には分かるさ」と記した。

 これまで一度も負けずに戦い続けてきた男に対して敬意を払い、カムバックに期待。同じヘビー級戦線で戦ってきたからこそわかる思いを伝えた。これにはファンからも感動の反響が続々。ワイルダーはまさかの陥落となったが、フューリーとの第3戦に期待する声も根強い。果たして、次にリングに上がる時にはどんな姿になっているのか。伝説の名王者も待っている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集