[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

張本智和&伊藤美誠のアベックVをITTF称賛「『日本優位』という現状を証明した」

卓球のワールドツアー・ハンガリーオープンは23日、男子シングルスで張本智和(木下グループ)、女子シングルスで伊藤美誠(スターツ)が優勝し、日本の男女がアベックVを達成した。東京五輪に向け、弾みをつけた快挙に対して、国際卓球連盟(ITTF)も「『日本が優位』という現状を証明した」と称賛している。

張本智和と伊藤美誠【写真:Getty Images】
張本智和と伊藤美誠【写真:Getty Images】

ハンガリーオープンでそろって今季初優勝「今後10年に向けて良い兆しだ」

 卓球のワールドツアー・ハンガリーオープンは23日、男子シングルスで張本智和(木下グループ)、女子シングルスで伊藤美誠(スターツ)が優勝し、日本の男女がアベックVを達成した。東京五輪に向け、弾みをつけた快挙に対して、国際卓球連盟(ITTF)も「『日本が優位』という現状を証明した」と称賛している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 男子では、張本が日本勢対決となった宇田幸矢(エリートアカデミー)との決勝を4-1で下し、今季初優勝を飾った。続けて行われた女子で、伊藤が鄭怡静(台湾)に4-3の接戦を制し、こちらも今季初優勝。東京五輪に内定している男女エースの戴冠を、ITTF公式サイトは「トップ選手たちが『日本が優位』という現状を証明した」と見出しを打って特集した。

 記事では「今後10年に向けての良い兆しだ」と記し、2人の優勝を紹介。「この両選手の優勝は、彼らが世界トップの選手であることを証明しただけでなく、日本の栄光の歴史に加えられたことも意味する」と価値を強調した。張本は昨年11月に敗れたドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)に準決勝でリベンジを果たしたことも特筆している。

 東京五輪でもメダル獲得が期待される男女エース。今季初優勝の弾みを夏の大一番につなげたい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集