[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新王者フューリーにジョシュア陣営がもう4団体統一戦要求「第3戦は必要ないだろう」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。4団体統一戦が期待される中、現3団体統一王者のプロモーターが実現を要求する姿勢を見せた。

タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

3団体統一王者ジョシュアのプロモーター・ハーン氏が示唆「第3戦の必要はない」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が王者デオンテイ・ワイルダー(米国)を7回1分39秒TKO勝ちで下した。引き分けに終わった2018年12月以来の再戦を制し、V10を誇る王者から王座奪取。4団体統一戦が期待される中、現3団体統一王者のプロモーターが実現を要求する姿勢を見せた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2度のダウンを奪い、43戦42勝(41KO)1分けだったワイルダーにプロ初黒星をつけたフューリー。次戦はどうなるのか。現在のヘビー級は、アンソニー・ジョシュア(英国)が主要4団体のうち3つの王座を保持。フューリーの王座奪取後、ジョシュアのプロモーターを務めるマッチルーム・ボクシングのエディ・ハーン氏が自身のツイッターを更新した。

「第3戦の必要はない、夏に向けて話を進めよう!」

 今回のワイルダーVSフューリーは第2戦。フューリーの1勝1分けとなり、ハーン氏はもう第3戦の必要はないと強調したようだ。ジョシュアは昨年12月にアンディ・ルイスJr.(メキシコ)とのダイレクトリマッチを制して、3本のベルトを取り返していた。

 次戦についてIBF1位クブラト・プレフ(ブルガリア)との防衛戦が6月下旬になると米メディアが報じていたが、陣営は夢の4団体統一戦を要求する姿勢を見せた。ド迫力の戦いを演じたフューリーとジョシュア戦は実現するのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集