[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またメキシコ人選手からドーピング疑惑 無敗の女子世界王者が資格停止処分に

ボクシングのメキシコ人選手からまたドーピング疑惑だ。女子の世界王者アレハンドロ・ヒメネスがドーピング検査の結果、陽性反応が出たことが明らかに。1月11日に王座決定戦で勝利していたがこれは無効となり、暫定的な王座の資格停止処分が科されることとなった。米記者が報じている。

ボクシングの女性メキシコ人選手からドーピング疑惑が出た
ボクシングの女性メキシコ人選手からドーピング疑惑が出た

1月の世界戦前に陽性反応、再検査でも陽性反応が見られ、試合は無効に

 ボクシングのメキシコ人選手からまたドーピング疑惑だ。女子の世界王者アレハンドロ・ヒメネスがドーピング検査の結果、陽性反応が出たことが明らかに。1月11日に王座決定戦で勝利していたがこれは無効となり、暫定的な王座の資格停止処分が科されることとなった。米記者が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ヒメネスのドーピング疑惑について報じているのは、米リング誌のライアン・ソンガリア記者だ。自身のツイッターで、ヒメネスの20日(日本時間21日)時点での最新状況をレポートしている。

 同記者によると、ボランタリー・アンチ・ドーピング・アソシエーション(VADA)はヒメネスを対象に、フランチョン・クルーズ選手とのWBC世界女子スーパーミドル級王者決定戦(1月11日)の前日10日に、「Aサンプル」のドーピング検査を実施。その結果、陽性反応が出たという。そこで、WBCはヒメネス選手の名誉のため、2月19日に「Bサンプル」での再検査を実施したが、Aサンプルと同様の陽性反応が見られたと伝えている。

 またこれにより、WBCはヒメネスの同級王者の暫定的な資格停止処分を決定。さらに同王座決定戦については、ヒメネスの勝利ではなく「無効」になったとしている。

 ヒメネスはメキシコ出身の32歳で、ここまで12勝(9KO)1分け。先月11日にベルトを獲得していた。過去のメキシコ人選手のドーピング疑惑と言えば、元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリや、世界4階級王者のカネロことサウル・アルバレスからも禁止薬物が検出されるなど、騒動となっていた。

 ヒメネスと陣営には今後、情報や証拠などを開示する機会が与えられるというが、盛り上がりを見せるボクシング界にとって残念なニュースとなった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集