[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42勝41KOの怪物ワイルダー、V10達成の“衝撃の右”をWBCも「年間最高KO賞」選出

世界ボクシング評議会(WBC)が19日(日本時間20日)に2019年の年間表彰を発表。「KO・オブ・ザ・イヤー」には、昨年11月23日にWBC世界ヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が挑戦者ルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦が選ばれた。22日(同23日)には元3団体王者タイソン・フューリー(英国)と世紀の再戦を迎える怪物が、新たな勲章を得た。

デオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
デオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

WBCが2019年の年間表彰発表、オルティスをKOした右ストレートが再び称賛の対象に

 世界ボクシング評議会(WBC)が19日(日本時間20日)に2019年の年間表彰を発表。「KO・オブ・ザ・イヤー」には、昨年11月23日にWBC世界ヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が挑戦者ルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦が選ばれた。22日(同23日)には元3団体王者タイソン・フューリー(英国)と世紀の再戦を迎える怪物が、新たな勲章を得た。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 何度見ても凄まじい。一撃でボクシング界に衝撃を走らせた。序盤から苦戦を強いられていたワイルダー。しかし、7回も残り10秒を切った終了間際だった。オルティスの一瞬の隙を突き、ワンツーから右ストレートを顎に一閃。相手を豪快にキャンバスに沈め、試合を一発で終わらせた。衝撃的な幕切れに会場も熱狂した。2018年3月、オルティスを迎えた7度目の防衛戦でも苦しみながらTKO勝ちしていたワイルダー。しかし、この試合では文句ない戦いぶりでV10を達成していた。

 米ボクシング専門誌「リング」でも「年間最高KO」に選出されていた、ワイルダーの衝撃KO。自身がベルトを保持するWBCも、昨年の試合の中でNo.1と認めている。SNSでは「他のヤツらが12ラウンドかけてやることを俺は数秒でやってしまうね」と試合後のコメントを添えて、動画付きで脚光。するとファンからは改めて、驚愕する声が続々と寄せられている。

「大したものだ!」
「同じことが土曜日のフューリー戦でも起こるだろうね」
「本当に値すると思う」
「オルティズも良かったんだけど、及ばなかったよな」
「驚きはないね」
「マシーン」

 通算42勝(41KO)1分けと圧倒的な戦績を誇るワイルダー。2018年の対決ではドローに終わったフューリーとの再戦で、今度は鮮やかなKOを見せられるだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集