[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、“2010年代最高のアスリート”に異議 レブロンではなく「大差で俺」

ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。50戦無敗のレジェンドが、また物議をかもす発言をしているようだ。AP通信が「過去10年間で最高の男性アスリート」に米プロバスケットボール(NBA)のスター、レブロン・ジェームズを選出したことに対して異議を唱えているという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

「フォーブス誌のランキングでは俺がトップなのに」と稼ぎをアピール

 ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。50戦無敗のレジェンドが、また物議をかもす発言をしているようだ。AP通信が「過去10年間で最高の男性アスリート」に米プロバスケットボール(NBA)のスター、レブロン・ジェームズを選出したことに対して異議を唱えているという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 “最高のアスリート”の称号にこだわりを見せている。同メディアは「メイウェザー『過去10年間の最高のアスリートは俺。レブロンではない』」というタイトルで記事を掲載。史上初めて無敗のまま5階級を制したメイウェザーは、AP通信が「過去10年間で最高の男性アスリート」にレブロンを選出したことに異議を唱えているという。

 記事によると、メイウェザーは「俺はレブロン・ジェームズのことが大好きだ」とNBAスターへの敬意を表しつつも、こう話しているという。

「けど、過去10年間で最高のアスリートは俺、そう大差で俺だ。1996年からプロとして活躍しているが、1度もこの賞を受賞したことがない。フォーブス誌のランキングでは俺がトップなのに」

 米経済誌「フォーブス」が発表した、過去10年間で最も稼いだアスリート番付では、メイウェザーが9億1500万ドル(約1000億円)で1位。2位のクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)に1億ドル以上の差をつけており、レブロンは6億8000万ドルで4位だった。“マネー”は、この番付に重きを置いていることをうかがわせた。

 メイウェザーは続けて「俺はゲータレードも、スプライトも、ナイキもスポンサーではない。これらの会社はみんなの知っている大企業だ。だからそういった大企業がもしスポンサーだったら俺がチャンピオンだ」と語ったという。

「率直に俺が過去10年間で最高のアスリートだ。まあ実際には20年間で最高のアスリートでもあるのだが……」と最後に強調したというメイウェザー。「アスリートの価値=稼いだ金額」という基準で、自身を上回る相手でなければ認めないようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集