[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾が22か月ぶり再起戦計量パス 具志堅会長は安堵「うまく減量できた。大丈夫」

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が12日、都内で1年10か月ぶりとなる再起戦の前日計量に臨み、リミットを0.1キロ下回る53.8キロで一発クリアした。相手のジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)も53.8キロ。ノンタイトル戦はスーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する119ポンド(53.98キロ)契約8回戦として行われる。

計量前の検診で笑顔を見せる比嘉大吾【写真:浜田洋平】
計量前の検診で笑顔を見せる比嘉大吾【写真:浜田洋平】

比嘉大吾が1年10か月ぶり再起戦で計量クリア、具志堅会長「あとは気持ち次第」

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が12日、都内で1年10か月ぶりとなる再起戦の前日計量に臨み、リミットを0.1キロ下回る53.8キロで一発クリアした。相手のジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)も53.8キロ。ノンタイトル戦はスーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する119ポンド(53.98キロ)契約8回戦として行われる。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 陣営の具志堅用高会長も会場で見守った。計量失敗で関係者、報道陣に向かって頭を下げてから1年10か月。笑顔を見せるなど、過去の計量とは違って余裕のある比嘉に対し、同会長は「うまく減量できた。大丈夫じゃないかな」と安心した様子だった。再起戦に向けて、トレーナーを友利正氏に変更し、食事などを管理する担当者もつけさせた。「スピード、キレは前と一緒だよ。あとは気持ち次第だね」と復活を期待。すでに年内に世界再挑戦を目指す意向を示している。

 2018年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。試合は行われ、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けした。デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利もストップ。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けた。

 昨年10月にJBCの処分が解除され、現在はWBC世界バンタム級7位にランク入りしている。7勝3KO4敗3分けのブエナオブラは身長168センチのサウスポー。比嘉は「来ている人が楽しい試合ができれば。結果的に倒せればって感じですね。2年間、応援してくれた両親、後援会、個々人、スポンサーのために頑張りたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集