[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23年W杯8強打破へ「心配を申し上げると…」 ジョセフHCが挙げた2つの“桜の課題”

日本ラグビーフットボール協会は29日、男子15人制日本代表記者会見を都内で行い、今後の強化方針などを示した。ワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)が会見に出席。21年秋開幕の新リーグ実施の時期、スーパーラグビー除外による影響など、W杯後に感じている日本の課題を打ち明けた。

男子15人制日本代表記者会見に出席したジェイミー・ジョセフHC【写真:宮内宏哉】
男子15人制日本代表記者会見に出席したジェイミー・ジョセフHC【写真:宮内宏哉】

都内で会見、今後の日本ラグビー界について語る

 日本ラグビーフットボール協会は29日、男子15人制日本代表記者会見を都内で行い、今後の強化方針などを示した。ワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)が会見に出席。21年秋開幕の新リーグ実施の時期、スーパーラグビー除外による影響など、W杯後に感じている日本の課題を打ち明けた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ニュージーランドにいても感じられた。大会後のオフに母国で静養。日本のラグビー界はW杯を機に、大きく変わっている。26日にはトップリーグ(TL)の神戸―サントリー戦(ノエスタ)などを視察。リーグ歴代4位の観衆2万6312人が集まっていた。「トップリーグの開幕には、何人集まったのでしょうか。(母国の)ニュージーランドから見ていても素晴らしいものだった。W杯の成果の一つだと思う」。自分たちが起こしたムーブメントの大きさを改めて実感した。

 ジョセフHCは、W杯後に契約が延長され、次回の23年フランスW杯も指揮を執る見通しだ。「大会から間が空いて考えたことをお話ししたい」。本物のラグビー強豪国にするため、強い思いを語り始めた。

「日本代表はこれからも強くなり続けなければならないが、優先事項として考えなければいけないのはウェルフェアです。選手が十分にプレーする機会を与えられること。それと一緒に、十分にラグビーから離れて遊ぶ時間を取るだとか、怪我をした選手はきちんとリハビリをする、ボディーコンディショニングをきちんとできるように。そうすることで最大限のパフォーマンスができると思う」

 昨年W杯はまさに死闘続きだった。加えて、選手らからは「地獄」と言われていたという長期合宿もこなしている。今後も日本を担う選手には、疲労回復、ケガの予防、リフレッシュにも努めてもらいたいと、まずは願った。

 また、TLに代わる新リーグについても言及した。今年は国内で6月にウェールズと1試合、7月にイングランドと2試合、11月に海外遠征でスコットランド、アイルランドと各1試合をこなす。5月末に終了する現在のTLの日程なら、スムーズに代表戦に移行できる。

 一方、協会は28日に、21年秋に開幕を目指す新リーグ参入要件の骨子を発表。秋の開催となれば、代表戦に関するスケジュール調整を大きく変更することとなる。開幕時期によっては代表活動に支障が出かねないのだ。

「(大事なのは)代表チームとスケジュールがクラッシュしないこと。今のTLのスケジュールは12月末~5月末のスケジュールだが、選手はこのシーズンが終われば、テストマッチ、代表チームの活動に集中できる。当然代表としては(テストマッチの)準備をして戦わなければならないので、スケジュール等にコンフリクト(対立)がない、今のTLのストラクチャーは、私はすごくいいと思う」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集