[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリーがワイルダーに“奇策” 米番組でまさかの褒め殺し「お前は俺をほぼKOした」

ボクシングで2月22日に“世紀の再戦”を迎えるヘビー級元世界3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が対戦相手のWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)とそろって米スポーツ専門局「FOXスポーツ」の番組に出演。対談に応じ、まさかの褒め殺しに出た。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】

そろって出演した番組で不可解コメント「彼はヘビー級史上最も偉大なKOパンチャー」

 ボクシングで2月22日に“世紀の再戦”を迎えるヘビー級元世界3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が対戦相手のWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)とそろって米スポーツ専門局「FOXスポーツ」の番組に出演。対談に応じ、まさかの褒め殺しに出た。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 これまで散々挑発していたフューリーが、宿敵ワイルダーにまさかの褒め殺しに出た。26日(日本時間27日)に放送されたニュース番組にそろって出演し、対談を実施した。

 その席でフューリーは「数字は嘘つかない。そして、この男のKO率が示すように、彼はヘビー級の歴史上最も偉大なノックアウトパンチャーなんだ」と相手に敬意を払ったという。

 43戦42勝(41KO)1引き分けと驚異のKO率を誇る“爆撃機”に対して「俺はこの男が嫌いだが(実力は)素晴らしい。俺は今まで全員をKOしてきたヤツと戦ったことはなかった。お前は俺をほぼKOしたよな? 確かにデオンテイはアメージングなパワーを持っているんだ」と引き分けに終わった18年12月の対戦を振り返りながら、褒めちぎった。

 試合については「俺はまだ(2ラウンドで勝つという)考えを変えていない」と勝利を譲らない構えを示したが、これまでの散々な挑発ぶりとは一変した様子だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集