[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奥原希望、宿敵プサルラに完勝の理由 「打たせて、走らせて、崩して攻める」

奥原希望、宿敵プサルラに完勝の理由 「打たせて、走らせて、崩して攻める」

注目の一戦は、世界女王が制した。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は21日に各種目の2回戦を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、世界選手権の決勝で破ったプサルラ・V・シンドゥ(インド)をストレート(21-18、21-8)で破って準々決勝に進出した。第1ゲームは、互いに意地を張り合うシーソーゲームだったが、第2ゲームは、奥原の圧勝だった。

ヨネックスOP、「展開力」で難敵にストレート勝ち…試合後に挙げた完勝の要因とは?

 注目の一戦は、世界女王が制した。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は21日に各種目の2回戦を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、世界選手権の決勝で破ったプサルラ・V・シンドゥ(インド)をストレート(21-18、21-8)で破って準々決勝に進出した。第1ゲームは、互いに意地を張り合うシーソーゲームだったが、第2ゲームは、奥原の圧勝だった。

 見応えがあったのは、第1ゲームだ。前半は付かず離れずの展開で、プサルラが11-9でリードして折り返すと、試合の流れが激しく揺らいだ。先に引き離したのは、奥原だった。相手を前後に大きく揺さぶる展開でポイントを稼ぎ、際どい判定もチャレンジシステム(2回失敗するまでビデオ判定を要求することができるシステム)で自分のポイントにして6連続ポイントで15-11とした。ところが、プサルラも簡単には引き下がらなかった。179センチの長身を生かして鋭角のスマッシュ、ドロップで奥原を翻ろう。5連続ポイントで16-15と逆転した。

 すると今度は、奥原が走った。「少し点差が開いて、このゲームを(このまま)勝ちたいという気持ちになってしまった。でも、追いつかれたときに、勝つか負けるかよりも、1本1本、相手が何をしてくるのか、それなら自分はどうしようと考えられた。それで一度体の力が抜けて、1本ずつ駆け引きができるようになった」という奥原は見事に立て直し、ゲームを取るまで連続5ポイントで一気にゲームをものにした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー