[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

40秒殺マクレガー、次戦は“世紀の再戦”か UFC代表がヌルマゴメドフ戦プラン明かす

総合格闘技団体「UFC」の「UFC246」が18日(日本時間19日)、米ラスベガスで行われ、1年3か月ぶりの復帰戦となったコナー・マクレガー(アイルランド)がドナルド・セローニ(米国)に40秒TKO勝ち。衝撃的な秒殺劇で世界を驚かせたマクレガーだが、UFCのダナ・ホワイト代表が次戦について、現UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)との再戦プランを明かしている。

コナー・マクレガー【写真:Getty Images】
コナー・マクレガー【写真:Getty Images】

衝撃の秒殺劇で復帰戦を飾ったマクレガー、注目の次戦についてホワイト氏は?

 総合格闘技団体「UFC」の「UFC246」が18日(日本時間19日)、米ラスベガスで行われ、1年3か月ぶりの復帰戦となったコナー・マクレガー(アイルランド)がドナルド・セローニ(米国)に40秒TKO勝ち。衝撃的な秒殺劇で世界を驚かせたマクレガーだが、UFCのダナ・ホワイト代表が次戦について、現UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)との再戦プランを明かしている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 開始直後、マクレガーは豪快に狙いにいった左ストレートが空振り、セローニにスタンディングで絡まれたが、次の瞬間だ。跳び上がるようにして、左肩を相手の顔面にぶつける。それを2度、3度、そしてもう一発。最後は左膝を見舞うと、セローニは鼻から出血した様子だった。

 圧巻の“肩パンチ”から流れを奪うと、左ハイキックでセローニをぐらつかせ、フェンス際に追い込んで倒した。あとはひたすら左拳を振り下ろし、セローニは防戦一方に。レフェリーが試合を止め、あっというまに試合終了。40秒の秒殺劇だった。ラスベガスの会場は瞬く間に熱狂のるつぼと化した。

 久々のUFC復帰戦で圧巻のTKO劇。再び総合格闘技界の注目を一身に集めるマクレガーは、戦前からボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)やマニー・パッキャオ(フィリピン)との対戦を熱望していたが、ホワイト代表はヌルマゴメドフとのリマッチを計画しているようだ。

 米メディア「ビジネスインサイダー」では「UFC代表のダナ・ホワイト氏によると、ハビブ・ヌルマゴメドフ対コナー・マクレガーを次戦として計画中」と見出しを打って、マクレガーの次戦について報じている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集