[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、快勝発進を海外メディアも続々打電「プロの仕事」「素晴らしい出発」

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス1回戦が行われ、前回大会覇者の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)は世界ランク59位のマリエ・ブズコバ(チェコ)を6-2、6-4で撃破。日本人史上初となるGS連覇へ順調な滑り出しを見せた大坂を、海外メディアは次々に速報。「プロの仕事ぶり」「昨年と比べて驚嘆すべきコントラスト」と称賛している。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

注目の初戦快勝、海外メディアも関心

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス1回戦が行われ、前回大会覇者の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)は世界ランク59位のマリエ・ブズコバ(チェコ)を6-2、6-4で撃破。日本人史上初となるGS連覇へ順調な滑り出しを見せた大坂を、海外メディアは次々に速報。「プロの仕事ぶり」「昨年と比べて驚嘆すべきコントラスト」と称賛している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 初顔合わせとなった21歳をわずか1時間20分で撃破した大坂。第2セットでは強烈なサーブでネットを“破壊”するシーンもあったが、ストレートで破り観衆のスタンディングオベーションにラケットを振りながら応えた。前年度覇者の盤石な白星に、海外メディアは称賛の嵐を巻き起こしている。

 英地元紙「イブニング・スタンダード」は「ナオミ・オオサカはマリエ・ブズコバ相手にお決まりの勝利でタイトル防衛をスタート」という見出しでレポート。記事では「プロの仕事ぶり」と圧勝劇を表現。「オオサカは出だしから冷静沈着だった。昨年のトーナメント序幕と比べて驚嘆すべきコンストラストだ」と分析している。

 大坂は優勝した前回大会では3回戦と4回戦でいずれも第1セットを取られ、フルセットの死闘を演じていた。ディフェンディングチャンピオンとして臨むこの一戦では、精神的な成長を示したと評価している。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集