[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と統一戦実現へ カシメロ陣営が条件主張「問題は正当な報酬を手にするか」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、米・ラスベガスで4月25日を候補にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦を行う可能性がある。本場・米国でもモンスター上陸への期待が高まる中、カシメロのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏は「問題はカシメロが正当な報酬を手にするか」と条件を主張。英ボクシング専門メディア「セコンズ・アウト」が報じている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:AP,Getty Images】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:AP,Getty Images】

IBF1位ダスマリナスもカシメロと同じMPプロモーションズ所属

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、米・ラスベガスで4月25日を候補にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦を行う可能性がある。本場・米国でもモンスター上陸への期待が高まる中、カシメロのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏は「問題はカシメロが正当な報酬を手にするか」と条件を主張。英ボクシング専門メディア「セコンズ・アウト」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 フィリピンの英雄パッキャオが経営する「MP(マニー・パッキャオ)プロモーションズ」と契約しているカシメロ。同社でマッチメーカーを務めるギボンズ氏は井上陣営との次戦以降も見据えた交渉も進めているもようだ。

「カシメロ対イノウエは誰もが見たいと望むものだ。我々にはIBF世界ランク1位のマイケル・ダスマリナスもいる。彼もアンダーカードで出番を手にするだろう。そして、報酬もたんまり手にすることになる。もしも、イノウエ対カシメロが実現すれば、4月25日以降に彼の出番を手にすることになるだろう」

 ギボンズ氏はこう語ったという。IBFから指名試合の通達を受けていたフィリピンの新鋭ダスマリナスも同社所属。今年、米国で2試合を予定している井上に対し、ギボンズ氏はカシメロ戦の先の2戦目も視野に入れているという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集