[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ワイルダーには対応不可能だ」 フューリー陣営が“世紀の再戦”KO勝ちを断言

ボクシング界で2020年最初のビッグイベントとして注目を浴びるのが、2月22日に米ラスベガスで行われるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)の再戦だ。フューリーをプロモートするフランク・ウォーレン氏はフューリーのKO勝ちを断言している。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー(左)とタイソン・フューリー【写真:Getty Images】

プロモートするウォーレン氏「ワイルダーをKOすると信じている」

 ボクシング界で2020年最初のビッグイベントとして注目を浴びるのが、2月22日に米ラスベガスで行われるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)の再戦だ。フューリーをプロモートするフランク・ウォーレン氏はフューリーのKO勝ちを断言している。米メディア「ボクシングニュース24」が伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 昨年11月に同級3位ルイス・オルティス(米国)を衝撃の右ストレート一発で7回KOを演じ、米リング誌の「年間最高KO賞」に輝いたワイルダーを迎え撃つフューリー。43戦42勝41KOという驚異のKO勝率98%を誇る怪物と引き分けに終わった18年12月以来となる再戦に挑むことになるが、大物プロモーターは自信満々だ。

 記事では「ウォーレンはフューリーの改善されたフィットネス、そして彼の超越したボクシング能力が無敗のWBCチャンピオン、デオンテイ・ワイルダーに対してのKO勝利に彼をラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで導くと考えている」と紹介し、ウォーレン氏のコメントを紹介している。

 フューリーの能力について「オーソドックス、サウスポー、バックフット、そしてフロントフットでも戦える。しかも信じられないくらいのバラエティーがある。それが違いさ」と称賛。また「彼は4分の3以上の相手をノックアウトしているだろう」と28戦27勝19KOの戦績についても特筆し、続けた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集