[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、夏になると食欲が落ちる? “三色薬味”が元気のモトになるワケとは

“三色薬味”はおすすめの作り置き薬味、冷蔵庫で保存可能

 これら三大薬味を合わせて作る、“三色薬味”はおすすめの作り置き薬味。作り方は千切りにしたしそ、みょうがに、千切りまたはすりおろしたしょうがを合わせるだけ。これを、納豆や冷ややっこにのせたり、味噌汁にたっぷり入れたりしていただきます。また、煮物にトッピングしてもおいしい。サラダやパスタの具材として、たっぷり使ってもいいですよね。

 しょうが、大葉、みょうがはパックで売られていることが多く、一人暮らしの方は「使い切れない」と敬遠しがちです。でも、“三色薬味”は、2~3日は冷蔵庫で保存可能。購入した分で一度に作り、あとはストック。疲れて帰ってきた日の夕飯のおかずや、晩酌用のおつまみに加えるだけで、ちょっと元気になりますよ。

 以下、食欲が落ちた時に体を助けてくれる、身近な野菜を一覧にしました。梅雨が明けた後も、猛暑、残暑と続くので、元気なつもりでも、体はストレスを受け続けます。「食欲がない」「疲れが抜けない」「何となく胃腸の調子が悪い」という時は、薬味パワーを助けに、しっかり食べて、乗り切ってくださいね。

◇しその葉(大葉)…野菜の中でもβ-カロテンが多く、免疫力アップに◎。また、動脈硬化を防ぐ働きや食中毒を防ぐ防腐作用アリ。
◇しょうが…辛み成分が胃液の分泌を促し、食欲を増進。また、発汗作用もあるので、冷房で冷えた体を温めるのにピッタリ。
◇みょうが…香り成分が食欲や消化を促す。また、ストレスを和らげて血行を良くする働きも。
◇みつば…香り成分がストレスを和らげ、食欲増進に役立つ。β―カロテンが豊富なので免疫力の維持にうってつけ。
◇やまいも…ネバネバ成分が胃の粘膜をコーティング。ごはんやパスタに多いでんぷんを消化する酵素が豊富なため、一緒に食べたい。
◇大根おろし…やまいもと同様、でんぷんを消化する酵素が豊富。ストレスで弱った体を助けるビタミンCも含まれる。
◇オクラ…ネバネバ成分が胃の粘膜を保護し、タンパク質の消化吸収を助ける。また発汗で失われるミネラルも豊富。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)ならびに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集