[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競技によって千差万別 サッカーとラグビー、1日の摂取カロリーに違いは?

アスリートと切っても切れない関係にある日々の食事。ただ、競技によって食生活は千差万別だという。

20160404_calorie

目安となる摂取カロリーは?

 アスリートと切っても切れない関係にある日々の食事。ただ、競技によって食生活は千差万別だという。スポーツ栄養のプロフェッショナルで、選手たちにも助言を送る橋本玲子さんに、サッカーとラグビーを例に挙げてもらい、その違いを教えてもらった。

「株式会社Food Connection」の代表取締役である橋本さんは、Jリーグの横浜F・マリノス、ラグビートップリーグのパナソニック ワイルドナイツといった国内屈指のスポーツチームの栄養アドバイザーを務めている。フットボーラーとラガーマンの食生活で、何らかの傾向はあるのだろうか。

「まず、1日に摂る必要なエネルギー量で言えば、サッカー選手は1日に3500キロカロリー前後。ラグビー選手は約4500キロカロリーが目安と言われています。また、大まかに言えばラグビー選手は、サッカー選手ほどストイックではない気がします。

 体脂肪率に関して言えば、サッカー選手は12%以下が目安の数値とされていますが、ラグビーではバックスの選手は16%以下、フォワードの選手は20%以下が目安とされています」

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集