[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

貴景勝を生んだ埼玉栄相撲部 肥満にさせずに強くする、監督夫妻の“人情の食事学”

今年、関東大会、国民体育大会を制し、高校総体団体戦では3年ぶり10度目の優勝を果たした埼玉栄相撲部(埼玉)。高校総体、高校相撲選抜大会と2つの全国大会を合わせると、優勝回数は史上最多の19を数える強豪校だ。「他校との違いを強いて挙げるならば筋力トレーニングと食事」と話すのは、同部の山田道紀監督。九州場所で初優勝して一躍、時の人になった貴景勝、豪栄道ら多くの幕内力士を輩出してきた山田イズムとは――。

全国大会史上最多優勝を数える埼玉栄相撲部の強さの理由とは【写真:荒川祐史】
全国大会史上最多優勝を数える埼玉栄相撲部の強さの理由とは【写真:荒川祐史】

全国最強を築いた理由、多くの幕内力士を輩出した「筋トレと食事」の方法

 今年、関東大会、国民体育大会を制し、高校総体団体戦では3年ぶり10度目の優勝を果たした埼玉栄相撲部(埼玉)。高校総体、高校相撲選抜大会と2つの全国大会を合わせると、優勝回数は史上最多の19を数える強豪校だ。「他校との違いを強いて挙げるならば筋力トレーニングと食事」と話すのは、同部の山田道紀監督。大相撲の九州場所で初優勝して一躍、時の人になった貴景勝、豪栄道ら多くの幕内力士を輩出してきた山田イズムとは――。

 ◇ ◇ ◇

「肥満で体を壊している選手は、通常、投薬をしながら、食事制限で減量して治す。うちは体を鍛え、大きくしながら、血糖値も下がっている。子どもたちの体作りを行う上で大事なのは、しっかりとしたトレーニングと食事です」

 そう話すのは、山田監督。同校は今年の高校総体団体戦で3年ぶり10度目の優勝を果たした。全国高校相撲選抜大会と合わせると優勝回数は史上最多の19。これまで、九州場所で初優勝したばかりの貴景勝、豪栄道ら、数多くの幕内力士を輩出する強豪校だ。

 同校はまた、練習時間が短いことでも知られている。

 日々の練習は、1時間の朝練と、放課後1~2時間の稽古、そして夜のランニング。稽古では取り組みを行わず、四股、すり足、鉄砲などの基礎練習を中心に行う。

「20年ほど前から短い時間に集中して練習する形になりました。練習では相撲を取らないというと、皆に驚かれますが、大事なのはイメージというのが私の考え。長時間、ひたすら取り組みを続けてはケガをするだけなので試合の前に、5~6番組む程度です」

厳しい稽古を積み、黙々と弁当を食べる部員たち【写真:荒川祐史】
厳しい稽古を積み、黙々と弁当を食べる部員たち【写真:荒川祐史】

 その代わり、週に3日はプロのトレーナーによる指導のもと、ウエイトトレーニングを行う。「筋力トレーニングの量は半端じゃなく多い。プロの力士以上、オリンピック選手クラスの高いレベルです」(山田監督)

 山田監督は「他校とうちの違いを強いて言うならばトレーニングと食事」という。総勢23名(高校生19人、中学生4人)の部員は、山田監督夫妻とともに寮生活を送り、3食全て、山田監督と、妻・早苗さんが作っている。

 同相撲部では2016年から3年間、慶大スポーツ医学研究センターの協力のもと、部員の体脂肪測定と食生活調査を実施。調査に乗り出した背景には、年々、大型化する高校生力士の健康問題があった。

「体は大きくしたい。しかし、子どもたちが130キロ、150キロまで病気にならずに体重を増やすのは非常に難しい」とは、この食事調査を行った公認スポーツ栄養士の橋本玲子氏。高校相撲競技者の多くは、10代にして高血糖、高脂血症など、常に肥満に伴う疾病の懸念がつきまとうという。なかには「小学6年生で体脂肪率が60%に達する者もいる」(山田監督)と非常に深刻だ。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集