[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「本気」だったサッカーかスケートか 高木美帆が迷わず選べた理由と、次世代への助言

迷いなくスケートを選べた理由を話した高木【写真:荒川祐史】
迷いなくスケートを選べた理由を話した高木【写真:荒川祐史】

「本気」だったサッカー、ヒップホップ…それでも、迷いなくスケートを選べた理由

 スピードスケートは氷の上で戦う冬のスポーツだが、その滑りを支えるのは夏の練習にある。

「日本代表に選ばれるようになって9年ほど経つのですが、競技をやっていく上で痛感しているのが、夏をしっかりと過ごさないと滑れない、ということ。夏のトレーニングはなかなかしんどいんですよ。午前と午後に練習をして、地元で練習をしている時は合間に自炊。これが続くと精神的にも疲れてくるんですけど、やらないと後がもっとしんどいって分かっているのでやります(笑)。

 時々、親から息抜きのために『ヒップホップでも踊りに行ってきたら?』なんて言われるんですけど、身体が元気じゃないといけない。行けるなら行きたいよ……みたいな時もあります(笑)」

 今ではスピードスケートに専念しているが、中学まではサッカーもプレーし、北海道選抜メンバーに選ばれたこともある。高校ではヒップホップダンスにも熱中。今でも踊りたくなることがあるという。様々なスポーツやアクティビティーを経験してきたが、スピードスケートを選ぶことに迷いはなかった。

「よくサッカーとスケートで、どっちに進むか迷ったか聞かれるんですけど、一切迷わなかった。能力的にも一番高かったので、スケートに進むものだと思ってました。サッカーはサッカーですごく本気でやっていたし、楽しかった。でも、スケートでしたね。サッカーやヒップホップ、それぞれの道で一生懸命やったからこそ、迷いなくスケートに専念できています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集