[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「レールを外れる」という選択 米国挑戦した早慶出身の2人はなぜ応援されたのか

アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。

自身の進路選択について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】
自身の進路選択について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】

「内田聖人&谷田成吾対談第2回」―アマ球界のエリート街道を歩んだ2人の選択

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

【第1回】なぜ、大企業を辞めて米国へ 異端のアマ選手2人が「もったいない」と言われた選択

【第3回】なぜ、エリートが生まれる? 野球部で過ごした2人が思う「早慶の体育会」の強さ

【第4回】早慶戦は格別?やっぱり就職に強い? OB2人の本音「早慶の体育会」で良かったこと

 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならず、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断した。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 異色の2人が語り合うと面白いのでは? そんな経緯から、このほど対談。米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在のアマ野球界に思うことまで本音で語り合った。最初のテーマは「米国挑戦」。後編となる第2回は、野球エリートの道を歩んだ2人が大企業を辞め、「レールを外れる」という選択をした背景について。そのメリット、デメリットとは――。次世代が進路を選択するヒントを探る。

 ◇ ◇ ◇

――谷田の場合、挑戦する前と後で何が変わったのか。得たものは?

谷田「自分の決断の基準がわかったこと。前は迷ったことも今は迷わない。これから決断する時もそんなに迷うことないんじゃないかと思うくらい。もともとは石橋は叩いて叩いて渡るタイプだった。そんなに無理せず、大多数がいいねという方を選んできた気がする。でも、挑戦する中で自分にとって大事なものに気づけた。だから、思い切って飛び込んでいくのも悪くないなと。経験したことじゃないと人は話せないので。自分の身に起こらないと話せないこともあると思う。人と違う経験をすることで、他の人には話せないことが話せる。普通はできない経験ができているわけなので。今、それをどう表現するかが大事かなと思っている」

――内田は本当の挑戦は今月から。もちろん成り上がることが重要だが、どんな価値観を得たいか。

内田「野球は文化がまるで違う。日本は各カテゴリーで優勝を狙うけど、米国は極端な話、メジャーリーガーになること。冬はアメフトをやったり、野球でカテゴリーの優勝を狙うことが第一じゃない。日本の野球が発展していくために米国の野球から取り入れるものも絶対ある。日本も発展しているものもあるし、いいところ取りじゃないけど、いい影響を与えられればと思う。その世界に飛び込んでみなければわからないものがあるので、そういう経験で肌で感じたことを将来的に還元はしたいなと思っている」

――レールを外れて挑戦することのメリット、デメリットはどんなことがあると感じるか。

内田「自分と谷田の場合は米国に行って野球ができなくなっても生きていけると思っていた。その自信がないのに行くのは慎重になった方がいいと思う。とにかく、行けば何とかなるというのでは……。もちろん、やりたい、挑戦したいという思いが根底にはあるんだけど、そんな軽い感じで決断したわけではないので」

谷田「自分がこうなりたいという目標があった上で、挑戦するかやめるか悩んでいるとしたら、そのメリット、デメリットを必死に考えることが大事かな。自分もそうだけど、情報がないと決められない。『そのメリットは知らなかった』『そのデメリットに気づかなかった』ということは若ければ若いほど多くなる。意見が偏った人から聞いていてもいけない。一生懸命、いい決断をしようと努力して情報を集めたり、話を聞いたり、その上で決めたとしたら後悔は生まれないと思う」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集